【スポンサーリンク】

ニッポン放送が「あるタレント」の女性蔑視発言謝罪も、「宮迫より酷い」の声が

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、今月23日深夜のニッポン放送のラジオ「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)」内で語った発言について、同局は27日、番組公式サイトで謝罪コメントを発表した。

 

 岡村は23日放送の同番組内で、新型コロナウイルスの影響で収入が減った女性が、収束後に短期的に収入を得るために風俗業に携わる可能性がある事を楽しみにしていると発言。放送後から「女性差別」などの批判が集まっていた。

 

 同局は「4月23日『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』での発言について」と題したコメントで、「4月23日(木)深夜に生放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』において、パーソナリティの岡村隆史氏から、現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」と事態を説明。「放送をお聴きになって不快に感じられた皆様、関係の皆様にお詫び申し上げます」と謝罪。今後に向けて「弊社番組に関わる全ての制作スタッフには、迅速に、より一層の教育を図ってまいります」とした。

 

 ネット上では、「テレビやラジオに登場させてはいけない人物となったね。思考力が無いのか、あっても考えていないのか。人間としてあるまじき発言です。少なくとも、NHKの番組から降板させるべき」、「これで、NHKからは確実に降ろされますね。チコちゃん、面白かったのに残念です。紅白の司会なんて、夢のまた夢ですね。貧困で、女の子を持つ父親としては、本当に怒りを覚えます。比較にもならないが、宮迫さんよりも酷いと思いますよ」など批判の声が殺到。

f:id:imp0201:20200423202905j:plain

 また、「まずは、本人もきちんと謝罪すべきだろう。岡村の発言をラジオ確認したが、繰り返し得意になって言っていたから本音なのだろう。世界中が困難に直面し芸能界でも死人が出ているというのに、金銭苦で風俗に身売りした女を心待ちにしていることを喜んで公言する、深夜ラジオだからとかいうレベルではなく、芸人以前に人間失格だ。もともと面白くないので見ないが、芸能界のような人前に出るような職業を続けるべきではない」、「岡村がしっかり発言しないと全く意味ないでしょ。何度も読み返したが、間違いなく岡村の本音だったはず。あのような本心があったとは残念過ぎるよ」など岡村本人が公の場で謝罪するべきという意見も多かった。