【スポンサーリンク】

二階幹事長の「1000人で訪韓」発言 メディア報道に疑問の声が

 自民党の二階俊博幹事長は9日、来日中の韓日議員連盟の姜昌一会長と東京都内のホテルで会談。同席した日韓議連の河村建夫幹事長(元官房長官)によると、姜氏が韓国訪問を要請したのに対し、二階氏は「通常国会が閉会したら、1000人規模の訪韓団で行こう」と応じたという。

 

 ネット上では、二階幹事長の発言に対して批判的な見方が多い。「税金の無駄使いでは?桜の会の時と同じように、なぜ野党は追及しないの?なぜマスコミは大騒ぎしないの?」、「友好の為には大事な事かもしれないが、この時期にこの規模で行く意味を知りたい、確実に相手のプロパガンダに使われるでしょう。落ち目なのは分かりますがそんな事をしてでも自分の立場を強調する為に貴重な税金を使うのはやめて貰いたい」、「確かにね、議員同士のやりとりは必要だと思うのよ。細くても無いとお互いの考え型解からんから。だけどこの人数、小沢一郎さんじゃ無いんだから、止めて下さい」など1000人規模で訪韓することに反対する書き込みが殺到した。 

f:id:imp0201:20191113170802j:plain

 また、「このまま二階を放置したら、本当に選挙に響くし、内閣支持率にも影響あるだろう。安倍さんも、そろそろ本気で、二階の処遇を考え直した方が良い」、「もし本当にこんなに多数で韓国に行ったら、今度選挙が有れば絶対に自民党には入れないだろうな」という指摘も。「桜を見る会」な一連の問題で国民の不信感が高まっている安倍政権にとってもマイナスに作用する可能性があり、安倍首相の発言が注目される。