【スポンサーリンク】

日大バレー部員ら28人が新型コロナ感染で、「ある疑問」の声が

 日本大学の男子バレーボール部で、部員ら28人が新型コロナウイルスに感染したことが13日、判明した。関東大学バレーボール連盟は、日大が所属する秋季1部リーグの代替大会の中止を決めた。日大によると、7日に部員2人の感染が判明し、濃厚接触者54人を対象にPCR検査を実施。13日までに28人の感染が確認された。部は活動を当面の間休止する。

 

 ネット上では、「東京ではいまだに100人単位の感染者が毎日出ている。だから合宿などある所ではクラスタ-が発生しても不思議でない。今、日本中行き来ができるので地方でのクラスタ-が発生するのは極自然だろう」という意見や、「大学の対面授業がなかなか進まないのになぜ部活動は認められているのでしょうか?授業料は満額振込しているのに全く登校できない学生が大勢いる中、部活参加の学生さんだけが大学生活を送っている現状は不公平感が拭えない。文科省には再開できない理由を探しているだけの大学を言及して欲しい」と疑問の声が。 

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 また、「日大に限らず他の学校でも集団感染しているのを見るとオリンピック来年やるのは無理じゃないかなって思う。完全に収束しているならともかく現状の凌ぎながらの生活だともし開催中に感染起きた時の対策とかちゃんと考えているのかな。そもそも国外は日本より酷いところあるし五輪にそもそも来ないかもしれないけど」、「これではっきりすると思う。オリンピック開催は無理であることが。マスク大国の日本でもこんな感じ。海外のいろんな国々の人が体育館で試合をやれば感染者は数えられないでしょう。ゆっくりと経済を元に戻すことには賛成。だが、無理してオリンピックをやることは反対。どうしてもやりたいなら、小さい島を借りて迷惑かけずにやってくれ!」など来年開催予定の東京五輪について中止を求める声が目立った。