【スポンサーリンク】

NGT中井りか「挑発ツイート」連発に批判殺到 運営の責任を指摘する声も

 NGT48メンバーのSNS使用が1日から解禁されたことを受け、中井りか(21)が2日、自身のツイッターを連続で更新。その内容が刺激的なフレーズで大きな波紋を呼んでいる。

 

 中井は「待ってる人がいることも忘れてほしくない 味方がいるのも忘れて欲しくない そんな人たちが私たちの足踏みを見守ってくれてたことも忘れてはいけない 敵ばっかり見すぎて味方が見えないのでは味方すらいなくなってしまう わたしが大事にしたいのは味方だ」とツイート。続けて「何でもかんでも止めりゃいい 制御すればいいってもんじゃないっていうのを言いたい」と訴え、「個性が死ぬ それじゃ敵の思う壺すぎることをわかってない人がおおすぎる 届くかなあわたしの声は(笑)」と呼びかけた。さらに、「はあスッキリした お腹すいた」「叩きたいならわたしのこと叩けよ敵」とツイートし、「って言ったけど怖いからほどほどにしてね(笑)」と冗談交じりの投稿で締めくくった。


 ファンからのリツイートでは「私たちが守ります」、「姫らしい」など中井を応援する多くのリプライが寄せられたが、中には「敵は自分達の中だよ 人に変わってもらうには自分が変わらなきゃだめなんだよ、これは叩きじゃないよ、北風と太陽の本知らない?見えない壁が敵だよ、その壁は自分が作ってる、歳を重ねても同じだと、もう誰も叩きもしないよ、変わるのは自分自信だよ、勘違いしたまま歳を重ねたら取り返しつかないよ」と指摘する声も。

f:id:imp0201:20190731204622j:plain

 また、ヤフーのコメント欄は炎上している。「『悪名は無名に勝る』という訳でアイドルという枠の中で目立とうとしての挑発キャラ、炎上キャラなんだろうけど事態を悪化させるだけじゃないの?これではスポンサー契約とかCMとか戻ってこないよね」、「中井りかが個人で活動してるなら挑発ツイートをしようが、そういうキャラクターだからで済むけども、所属グループが加藤美南の件もあって反省してSNSの使い方を見直したうえで再出発ってした途端に、挑発ツイート連発するのはグループにとっても絶対にプラスにならないでしょ」など非難の声が殺到。「これは運営側が悪いSNSを解禁するべきじゃなかった。SNSを休止していた時にメンバーにどういう教育していたのか。指導責任だよ。これではスポンサーもファンも離れる」と運営側の責任を糾弾する書き込みも少なくなかった。