【スポンサーリンク】

NGT48早川支配人が劇場公演再開で決意表明も、ネット上の反応は…

 NGT48劇場支配人の早川麻依子氏が10日に自身のツイッターを更新。「先程、8月18日に正規メンバー16名による新公演で劇場公演を再開させて頂くことを発表致しました」と報告した上で、「皆様に心から応援して頂けるグループになることを目標に努力していきたいと思います」と決意をつづった。

 NGT48はこの日、グループの公式サイトで18日から劇場公演を再開させることを発表。公演には中井りか(21)、荻野由佳 (20)ら正規メンバー16人が出演する。昨年12月8日に元メンバーの山口真帆(23)が男2人組から暴行を受けた事件が発覚してから、その後の運営側の対応を巡って批判が集中していた。グループは事実上の活動休止状態が約3か月間続き、今月3日に行われた「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」で活動を再開した。

f:id:imp0201:20190810190103j:plain

 運営側に対する世間の不信感は強い。早川支配人がツイッターで決意表明したことに、ネット上では批判の声が殺到している。「本気でよくそんなことが言えますね。何も解決していないし、何も改善していない。したことは真面目に正しいことをやったメンバーを追い出しただけですよね。そんな状況で活動再開が受け入れられるとでも思っているんですか?」、「ほとぼりが冷めることを待っていただけで何も変わっていないのに…再開って。皆様に心から応援??どこまでもファンを馬鹿にしていると思う。嫌な思いをした弱い立場の人たちを追い出しただけで問題解決もしていない…それでも応援する人は握手会やイベントなど行けばよいが、テレビなど公の場には出ないでほしい。とても不快な気持ちになるので」など劇場公演再開に反対する書き込みが圧倒的に多かった。