【スポンサーリンク】

NGT支配人がツイッター開設も早くも炎上 ファンが反発したツイートとは

 NGT48劇場の早川麻依子支配人が24日にツイッターを開設。「まず、被害を受けたにも関わらず しっかりとケアをしてあげられなかったメンバー、そして辛い思いのまま卒業してしまったメンバーには本当に申し訳ないと思っています」と具体的な名前は出さなかったが、暴行被害に遭った山口真帆、山口と共に卒業した菅原りこ、長谷川玲奈に謝罪の意を示した。さらに、「NGT48のファンの皆様、新潟県の皆様を始め、多くの方々に不愉快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます」とお詫びの言葉を重ねた。 

 その後の投稿では存続が危ぶまれているほどのバッシングを受けているNGTのメンバーについて言及。「ただ、今この瞬間も、ネットでの誹謗中傷、殺害予告、嘘の拡散などに苦しんいるメンバーが沢山います。メンバー本人やご家族は、否定したくても否定できない環境の中で、耐え難い日々を送っています」と訴えた上で、「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います」と強調した。さらに、「『あくまで噂は噂であって、真実ではない』ということを少しでもご理解して頂ける場になればと思っています」と語った。

 

 この一連のツイートがファンの大きな反発を買った。昨年12月に山口真帆が男2人に暴行を受けた事件で、運営サイドの「AKS」が事件に関する第三者委員会の調査報告書を公表。暴行事件に関与した疑惑があった一部のメンバーについて、ファンと私的な交流はあったことを認めたが、事件への関与は確認できなかったと発表した。山口は「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」と自身のツイッターで怒りを爆発させ、多くのファンが真相解明に疑念を抱いた経緯がある。

f:id:imp0201:20190422012527j:plain

  ユーザーからは、「まず、山口さんが襲撃された事件に至った経緯やその後の対応について、全てを明らかにしなければ憶測で色々と言う人が出てくるのは止められないと思います。暴走して誹謗や中傷を行ったり根も葉もないことを広げる人がいるのも知ってますが、やるべきことをやらず、自分達は被害者だとアピールするしても反感を買うだけだと思います」、「メンバーやご家族が苦しんでるなら、噂を否定する機会をなぜ設けないんだろ?事件を解決させる気ないから世間が攻撃的になるんだと思う…今の感じじゃ自然風化を期待しているだけで、AKS運営の怒りの矛先が事件の犯人ではなく、批判する世間になってるよね…」など批判の声が殺到。「メンバーはSNS禁止にして支配人がこんな不毛なことつぶやいて何の意味があるの?火に油を注いでいるだけだよ」とツイッター開設の意義に首をかしげる声も少なくなかった。