【スポンサーリンク】

山口真帆が卒業公演も、NGT公式ツイッターが炎上。ファンの怒りは収まらず

 昨年12月に男性2人から暴行を受けたNGT48山口真帆(23)が18日、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)と新潟市内のNGT48劇場で卒業公演を行った。秋元康総合プロデューサーが、卒業する3人のために書き下ろした新曲「太陽は何度でも」を披露。サプライズゲストとして日下部愛菜(17)、小熊倫実(16)、角ゆりあ(18)、高沢朋花(15)、高橋七実(17)、渡辺歩咲(18)、村雲颯香(21)の計7人が登場した。最後の曲では、欅坂46の楽曲「黒い羊」を披露。客席からはすすり泣く声が聞こえた。

 

 山口は卒業公演でNGTでの活動に終止符を打った。今後は芸能活動の続行を明言しており、新たな環境で再出発する。一方で、暴行事件に関与した疑いが持たれているメンバーと、一連の対応に不信感が根強い運営会社への逆風は収まる気配がない。

f:id:imp0201:20190520115442j:plain

 NGTの公式ツイッターは卒業公演後、「本日、『「太陽は何度でも」公演~菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演~』が行われました。 ご参加いただいた皆様、ロビーやDMMでご覧いただいた皆様、応援していただいた皆様、ありがとうございました。引き続き、3人への応援をよろしくお願い致します」とツイートを更新したが、批判的な書き込みで殺到している。「山口さんや長谷川さん、菅原さんが卒業となった今は特にNGT48やAKSに恩情をかける必要もないわけで。 世の中の反応を特と肌で感じたらいいと思います。山口さん達への仕打ちを知った今では個人的にはAKS関連、特にスポンサーも含めてお金一切落とす気はございません。AKS系列の曲も買い控えます」、「3人は今後も応援します。ですが事件から目を背け、白と黒を混ぜてグレーになった新生NGTの存在は新潟にとってデメリットしかありません。 さっさと新潟から出ていってください」とNGTに対して「決別宣言」をするリツイートで炎上。

 

「問題は決着してないからな。黒メンバーの処罰をした上で解散してくれ」、「事件の真相や黒メンバーの処罰、 そして、山口真帆さんへの謝罪が抜けています。 言葉が多いだけで、誠意が伝わりません」などファンの怒りは収まらない様子だった。