【スポンサーリンク】

世論調査 次の首相は石破氏トップも、ネット上で「意外な人物」が絶大な人気

  産経新聞社とFNNの合同世論調査によると、次の首相にふさわしい政治家を尋ねたところ、自民党の石破茂元幹事長が2カ月ぶりにトップに立ったという。

 

 石破氏は前回調査より1.7ポイント増の20.2%で。安倍首相の15.4%や小泉進次郎環境相の9.3%を抑えた。新型コロナウイルスへの政府の対応を「評価しない」と回答した人の22.8%が石破氏を支持しているという。自民党支持層に限れば、石破氏は18.7%で首相の30.7%に及ばないが、立憲民主、国民民主両党の支持層からは4割以上の支持を得た。また、河野太郎防衛相が3.6%、自民党の岸田文雄政調会長が2.7%、菅義偉官房長官は1.3%だった。

 

 世論調査の今回の結果にネット上は意外な反応が。「昔の石破はいいと思ったが、最近は単なる不満分子でまるで蓮舫のよう」、「石破さんを首相にしたら日本はダメになる、皮肉と批判するだけの人に任すわけにはいかない。一時的な感情で民主党を選んでどんなことになったか思い出して、しっかり見極めることが大切!」など低い評価が多い。

f:id:imp0201:20200329202453j:plain

 一方で人気を集めたのが、世論調査では3.6%にとどまった河野防衛相。「河野さんの伸びが今一つなんだよね。父親はアレだけど今の自民党でまともなのは河野さんくらいかと。変人で父親はアレだけど…北海道知事や大阪府知事を見てわかるけど有事の時に政治家の有能無能がわかる」、「河野さん、こんなに低いんだ…外交姿勢含め、自民の中では一択です。日本を正しい方向に導いてくれる人、その覚悟、気概のある人。聖人君子である必要はありません。変人、大いに結構!むしろ劇薬が必要な状態ですね、今の日本は」、「石破さんは、口だけで実行力はない。また、全うな事と長々と喋っているように思いますが、『では、あなただったらどうするのか』の具体的な部分がいつもない。私は、短く物事がはっきり言える、アメリカ留学等で国際感覚の持っている河野さんに期待します」など支持する意見が目立った。