【スポンサーリンク】

中村紀洋 打席に立って衝撃を受けた「野茂英雄」の凄さとは

 中村紀洋です。今回は近鉄、メジャーリーグでご活躍された野茂英雄さんについてお話しさせて頂きます。僕にとって野茂さんは特別な人です。野球界にとっても伝説の人だと思います。野茂さんが近鉄からドジャースに入団しなければ、今のように日本人選手がメジャーリーグで活躍する時代は来なかったのではないのでしょうか。今まで日本人選手が目標にもできなかったメジャーリーグという舞台で、入団1年目から3年連続2ケタ勝利を挙げるなど大活躍されたからこそ、メジャーの球団フロント、首脳陣、選手たちの日本人を見る目が変わったのではにかと思います。野茂さんの残した功績を考えると、日本でもっと評価されても良いのではないかと個人的に思います。

 

 実は野茂さんと対戦したことが2度あります。僕が高卒で近鉄に入団して1、2年目だったと思います。当時、野茂さんは近鉄のエースとしてバリバリ活躍されていました。紅白戦で打席に立った時、マウンドで他の投手とは違うオーラが出ていました。直球を打ったのですが、二飛だったと記憶しています。自分の中では捉えたと思ったのですが、野茂さんの直球はカットして浮き上がってくる軌道でした。あんな直球は見たことがなかったので衝撃を受けました。

 

 2回目は04年に右ひざの治療を兼ねてドジャースのスプリングキャンプに招待選手として参加した時でした。野茂さんはフリー打撃に調整登板で登板したのですが、フォークの軌道が1球ごとに違ったのを覚えています。右打者の膝元に食い込んできたり、右打者の外角に逃げる軌道なのでなかなか打てません。見ている方は球種が直球とフォークの2種類だけなのに、なぜ打てないんだろうと思うかもしれませんが、打席に立つと凄さを感じさせられる投手でした。

 

 寡黙なイメージがあるかもしれません。実際に近鉄時代は大先輩でしたし、投手と野手で練習メニューも違うのでご挨拶ぐらいしかできませんでしたが、米国に行った際は「ノリちゃん、ご飯行こうか」と誘って頂いたり、大変優しい人でした。現役引退後も「NOMOベースボール」を設立し、少年野球のジュニアオールジャパンの総監督を務められるなどアマチュア野球の発展に尽力されています。私が浪人していた時は「NOMOベースボール」のグラウンドを貸して頂きました。本当にありがたかったですし、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。野球だけでなく、野茂さんと過ごした日々は大きな財産ですし、その生き方は僕にとって勉強になることが非常に多いです。

f:id:imp0201:20190408174636j:plain

中村 紀洋(なかむら・のりひろ) 1973年7月24日、大阪府生まれの45歳。渋谷高で2年夏の90年に「4番・投手」で激戦区の大阪府予選を勝ち抜き、同校初の甲子園出場に導く。高校通算35本塁打。91年にドラフト4位で近鉄バファローズに入団し、「いてまえ打線」の4番として活躍した。00年に39本塁打、110打点で本塁打王、打点王を獲得。01年も132打点で2年連続打点王に輝き、チームを12年ぶりのリーグ優勝に導く。04年に日本代表でアテネ五輪に出場して銅メダルを獲得。メジャーリーグ挑戦を経て06年に日本球界復帰し、07年に中日で日本シリーズMVPを受賞した。13年にDeNAで通算2000安打を達成。15年に一般社団法人「N’s method」を設立し、独自のMethodで子ども達への野球指導、他種目アスリートを中心にトレーニング指導を行なっている。17年には静岡・浜松開誠館高校で硬式野球部の非常勤コーチに就任。高校生の指導に力を注ぐ。