【スポンサーリンク】

中日の2軍は「宝の山」 中村紀洋がほれ込んだ選手とは

 中村紀洋です。スポーツ専門放送局「J SPORTS」の解説の仕事で21日から中日の春季キャンプを取材させて頂きました。今回は1軍キャンプでなく、こちらの希望で2軍キャンプも見ました。浜松開誠館の非常勤コーチとして、プロのファームのレベルがどれぐらいの水準なのか自分の目で実際に確認したかったのが大きな理由です。

 

  取材に伺った日は韓国・ハンファとの練習試合だったのですが、素晴らしい選手がたくさんいました。ドラフト6位で大阪商大から入団した新人の滝野要選手はリードオフマンとしての可能性を感じましたね。1打席目で右安打を放つと、2打席目もツーストライクと追い込まれながら見事な左前打。追い込まれてから三遊間に打つのはプロでもなかなかできません。実戦経験を積んでいけば1軍で外野のレギュラー争いに十分食い込む能力を持っていると感じました。

 

  同じくドラフト4位で関東一高から入団した新人の石橋康太選手も楽しみですね。空振り三振に倒れた打席も当てにいかず、きっちり振っている。「振る力」というのは非常に重要だと思います。新人であれだけ振れる選手はなかなかいません。高校通算57本塁打の大型捕手ということですが、スケールの大きさを感じました。同期の根尾昂選手と切磋琢磨して将来の中日を担ってほしいですね。  

f:id:imp0201:20190228160903j:plain

2軍キャンプの読谷で練習試合を見つめる中村紀洋


 投手は高卒2年目・山本拓実投手の投げっぷりの良さが目を引きました。四球の後にホームランを浴びましたが、腕をあれだけ振れるのは大きな魅力です。打者目線で見ると、制球を気にして腕が振れない投手はどんどん踏み込めますが、腕を振ってどんどん投げてくる投手は脅威です。多少コースが甘くても打者はミスショットしてしまいます。山本投手は身長167センチと上背はないですが、この投球スタイルを貫いて直球に磨きをかけてほしいですね。ファームで結果を出し続ければ、1軍でも救援でチャンスは十分にあると思います。

 

  中日の2軍は小笠原道大監督、浅尾拓也投手コーチ、門倉健投手コーチ、小笠原孝投手コーチ、田村藤夫バッテリーコーチ、森野将彦打撃コーチ、荒木雅博内野守備走塁コーチ、英智外野守備走塁コーチと私が現役時代に対戦したり、チームメートだった方がたくさんいました。名プレーヤーたちがコーチになっているので、一人でも多くの選手がチャンスをつかんで1軍で活躍してほしいですね。

f:id:imp0201:20190228161020j:plain

門倉2軍投手コーチと再会
中村 紀洋(なかむら・のりひろ) 1973年7月24日、大阪府生まれの45歳。渋谷高で2年夏の90年に「4番・投手」で激戦区の大阪府予選を勝ち抜き、同校初の甲子園出場に導く。高校通算35本塁打。91年にドラフト4位で近鉄バファローズに入団し、「いてまえ打線」の4番として活躍した。00年に39本塁打、110打点で本塁打王、打点王を獲得。01年も132打点で2年連続打点王に輝き、チームを12年ぶりのリーグ優勝に導く。04年に日本代表でアテネ五輪に出場して銅メダルを獲得。メジャーリーグ挑戦を経て06年に日本球界復帰し、07年に中日で日本シリーズMVPを受賞した。13年にDeNAで通算2000安打を達成。15年に一般社団法人「N’s method」を設立し、独自のMethodで子ども達への野球指導、他種目アスリートを中心にトレーニング指導を行なっている。17年には静岡・浜松開誠館高校で硬式野球部の非常勤コーチに就任。高校生の指導に力を注ぐ。