【スポンサーリンク】

「コロナ離婚」について語ったお笑い芸人の「ある発言」に、大きな反響が

 お笑い芸人のネプチューン・名倉潤が3日、TBS系情報ワイドショー番組「グッとラック!」にコメンテーターとしてゲスト出演。「コロナ離婚」について語った発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 番組では新型コロナウイルス感染拡大を受け、夫の在宅時間が増えた家庭で、夫婦げんかなどが増え、妻が「コロナ離婚」を考えるケースがあることがテーマとして扱われた。

 

 名倉は「ああ、こういう人やったと分かったんやったら。今までどこかでたまってたと思う。コロナきっかけに、やっぱアカンかったって、分かったなら、離婚すればいいんです。いま話し合ったって無理」と主張した上で、自身の家庭に言及。「うちは全然大丈夫です。コロナ離婚ってなんやねんと思ってます」と語り、「ほんとに僕、ご飯出てくることが当たり前やと思ってないですからね。座っててお金払ってるわけでもないのにご飯出てくるの、ありがとうしか思わない」と妻でタレントの渡辺満里奈への感謝を口にした。

f:id:imp0201:20200403165332j:plain

 名倉の発言にネット上では、「名倉さん適応障害でしたよね。その間支えていたのは奥様ですよね。私も適応障害で半年間治療を続けています。病気になった人にしかこの辛さはわからないでしょうけど本当に辛いですよ。でも少しずつ治ってきているのは周囲の理解と協力のおかげなんですよね。私も周囲には本当に感謝しています。名倉さんがテレビに出られるほど回復なされたことは本当に勇気が貰えます」、「名倉かっこいいな。名コメンテーター。毎日見たい。うつ病で大変な状態から見事に復帰した。あのときの辛い人生経験が彼の人格を作ってるんだと思う」など称賛の意見が。「今朝このトークを観ていて私も名倉さんと同じ気持ち。プラスするなら、いつも誰かのせい、何かのせいにして人生ここまで来たんだろうと思ったりしました。だけど、私も含めてみなさん、この先もコロナの見えない不安でいっぱいなんだと思う。ご主人、頑張り時ですよー」という書き込みも見られた。