【スポンサーリンク】

千葉小4虐待死 母親の被告判決に「軽すぎる」と批判の声が殺到

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(当時10歳)が虐待死したとされる事件で、父の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の暴行を制止しなかったとして、傷害幇助罪に問われた母親のなぎさ被告(32)の判決が26日、千葉地裁で言い渡された。懲役2年6か月執行猶予5年(求刑・懲役2年)に、ネット上では「軽すぎる。なぜ実刑ではないのか?」と批判の声が殺到している。

 

 論告などによると、父親の勇一郎被告は心愛さんを夜中に長時間立たせたり、胸を骨折させるほどの暴行を加えて虐待。なぎさ被告は今年1月22日~24日、勇一郎被告の虐待を放置して食事を与えないなどして傷害を手助けしたとされる。心愛さんは24日夜に自宅で亡くなった。検察側は懲役2年を求刑。弁護側はDV(家庭内暴力)の影響で夫の支配下にあったとして執行猶予付きの判決を求めていた。

 

 この日の裁判で、小池健治裁判長は判決を言い渡した後に「あなたはそれ(勇一郎被告の虐待)を目の前で見ていた。心愛ちゃんが頼るべきはあなたしかいなかったのに、母親のあなたが勇一郎被告に協力した責任はとても重い」となぎさ被告に言葉を掛けた上で、「『心』に『愛』で『心愛』と名付けたことや、沖縄で健やかに育っていた心愛ちゃんの姿を思い出してほしい。執行猶予中は、心愛ちゃんにしたことを思い出し、反省して社会の中で過ごしてください」と説諭した。なぎさ被告は涙を流しながら何度もうなずいていた。
 

 今回の千葉地裁の判決にネット上では、「頼るべき母親が、全く頼りにならなかったから子供が亡くなった。この責任は余りにも大きい。暴力を避けるならシェルターに逃込む事だった出来たはず。執行猶予が付くなんてあり得ない。実刑にするべきだと思う」、「この判決はあまりに軽すぎやしないか?いくらDVの支配下であったとはいえ、彼女は心愛さんの虐待を止めるどころか加担していたのではなかったのか!主犯の男が外出時に状況を報告したりしていたよね、もし守気持ちがあるのならいないときは庇ってあげたりできたはず、そんなことしてなかったよね、自分の身かわいさに子供を犠牲にした罪がこれだけとは…法律がぬるすぎる。到底納得いかない」と実刑判決が妥当で納得いかないという意見が多い。

f:id:imp0201:20190626165314j:plain

 一方で、「執行猶予がついたとは言え、懲役2年6ヶ月と求刑より重く、執行猶予に保護観察がついた…と言うことは、実刑にするかどうか裁判所は非常に悩んだ決断だった!ことが感じ取れる。今までは拘置所でマスコミや世間の目から守られて来た…とは言えるけど、執行猶予で身柄が釈放された後の方が、ある意味厳しいのではないかと思う」と判決に理解を示す書き込みも。心愛ちゃんの命は戻ってこない。なぎさ被告は執行猶予がついたが、罪を犯した真実と向き合ってこれからも生きていかなければいけない。