【スポンサーリンク】

ウーマン村本 川崎殺傷事件で松本人志の「不良品発言」を擁護?賛否両論の声

 お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)が5日、自身のツイッターを更新。「不良品と発言した人には被害者と同じぐらいの子供がいる。いるならその発言になるのはわかる。それをわからない人は隣にいる第二の川崎の犯罪者の気持ちがわかるはずがない。互いに他人に思いやりを持とうぜぇええええい」とつぶやいた。

 

 この「不良品と発言した人」はダウンタウン松本人志(55)を指していると思われる。松本は2日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、川崎殺傷事件に言及。加害者について「人間が生まれてくる中で、どうしても不良品っていうのは何万個に1個、絶対に(生まれる)。これはしょうがないと思う。それを何十万個、何百万個に1つくらいに減らすことはできるのかな、みんなの努力で。こういう人たちは居ますから、絶対数。もう、その人達同士でやり合ってほしい」と持論を語っていた。

 

 村本のツイートは子供がいる松本に理解を示したと捉えられる。この持論に、リプライでは「こどもがいるからこそ、こどものために慎重になって欲しいな。思いやりを持っての発言よ。優生思想、他罰思考の囚われから、自由になって欲しい。怖さや辛さ、悲しさに共感することは大事。でも、悪魔に餌を与えるような言動は慎んだ方が良いと思います。 どんな命も等しく大事」、「彼の発言は公私混同も甚だしいですね。同じくらいのお子さんがいる、いないと「人を生まれながらの不良品とメディアで発言すること」は別問題です。人としてのモラルの範疇です。仮に彼のお子さんが無差別殺人を犯したら「あの子は生まれた時から不良品だった」と言って許されると思いますか?」、「思いやりがあるなら「不良品」なんて言わないと思います」と異を唱える意見が多い。

f:id:imp0201:20190606113128j:plain

 一方で、「そういうところ村本さんらしいと感じます。人は個々にそれぞれ意見あってその人らしさあるけど、松っちゃんの意見と村本さん意見それぞれに頑張って欲しいです」、「なんかどんどんカッコよくなるなぁ村本さん凄い!小さな子供を持つ親にとってアノ犯人は『不良品』。決して寄り添える存在ではない。他の人たちが寄り添ってあげればいい。役割分担って大事です」と村本の主張に理解を示すリプライもあった。