【スポンサーリンク】

元ヤクルト・鵜久森が感心した村上宗隆の意外な一面とは

 今、最も勢いがある若手が高卒2年目のヤクルト・村上宗隆だろう。昨年はプロ初打席初アーチのド派手なデビューを飾ると、今月に行われたメキシコとの強化試合では19歳と最年少で侍ジャパンに初選出された。オープン戦でも2試合連続弾を放つなど開幕スタメンに猛アピールしている。 

 

 村上の武器は長打力だ。昨季はイースタンで打率・288、17本塁打をマーク。昨年までヤクルトでプレーし、現役引退後の現在は生命保険会社・ソニー生命で営業社員として働く鵜久森淳志さんは当時ルーキーだった村上の打球に驚かされたという。「ヤクルトの2軍本拠地の戸田は球場が広いし、本塁打がなかなか入らないんです。風も吹き荒れていて押し戻されることも珍しくありません。でも村上は逆風が吹いているのに逆方向の左翼席に軽々とホームランを何度も打っていました。僕なんか引っ張っても届かないのに。あれにはびっくりしましたね」。

 

 鵜久森さんは村上の意外な一面にも感心させられたという。「自分の中で取捨選択ができるんですよね。アドバイスを受けてそれを試してダメだったら戻すし、良かったら取り入れる。頭の中がごちゃごちゃになることがない。賢い選手だと思います」。ヤクルトの若武者たちは将来が楽しみな素材が多いという。「村上だけじゃありません。塩見も楽しみですよね。足は速いし打球も飛ばせる。何かやってくれそうな雰囲気があるから、首脳陣も使ってみたくなる選手だと思います。広岡もスケールが大きい選手。僕がプロ入りした日本ハムもそうですが、ヤクルトも若手の育成が非常にうまいので将来が楽しみですよね」と期待を込めていた。

f:id:imp0201:20190104124645j:plain