【スポンサーリンク】

韓国・文大統領の「日本経済が大きな被害」発言で会談は絶望的な状況に

 日韓のメディア報道によると、韓国の文在寅大統領は15日に青瓦台(大統領府)で開かれた首席・補佐官会議で、日本の輸出管理強化措置に対して「結局、日本経済により大きな被害が及ぶことを警告する」と発言した。


 文大統領は「韓国経済が一段階高い成長を企図している時期に経済成長を遮ったも同然だ」と指摘した上で、「日本は一日も早く外交的解決のための対話に出てほしい」と促した。また、韓国人は過去にも団結した力で経済危機を克服したと強調。「日本との製造業分業体系に対する信頼を壊し、韓国企業は日本素材部品装備の依存から抜け出し、輸入先を多角化するか国産化の道を歩んでいくだろう」と明らかにした。

 そして、今回の措置について、「結局、日本経済に大きな被害が及ぶだろうと警告しておく」と提言。「今回のことを韓国経済の『禍を転じて福と為す』機会にするという政府の意志は確固たるものだ」と強気な姿勢を強調した。さらに、「日本が疑惑を撤回する考えがないなら、韓国政府の提案通り、両国が共に国際機構の検証を受けて疑惑を解消してその結果に従えばよい」と主張した。

f:id:imp0201:20190531191918j:plain

 文大統領の日本経済への「警告宣言」で、日韓の輸出管理強化措置に向けての会談は絶望的な状況になったと分析する識者の声が多い。ネット上でも、「日本に警告しながら対話を促すなんて、これじゃ誰も相手にしないと思うけど。この人は基本的に日本嫌いを売りにしているから今更引くに引けないと言う事ですね。文政権が交代するまで日本は距離を置くべきと思う。己が分かってないと言うのはこの事を言う」、「自国の力でどうぞ頑張って下さい。日本がブーメランで被害が大きいか、韓国が破綻するか、是非見届けて見ましょう」など突き放した意見が多い。韓国政府は「警告と対話」の手法で輸出管理強化措置の撤回を取っているが、効果的であるかは疑問が残る。今回の文大統領の発言で、さらに日韓関係の溝が深まる危険性もある。