【スポンサーリンク】

中国新型肺炎 文大統領のある発言に、「国民のせいにするな」と怒りの声が

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大している件で、文在寅大統領は27日の会議で、「国民は手を洗うことが基本だと分かっていると言われるが、実践についてはこれまでも100%は行われていなかった。このような部分の広報強化が必要だ」と述べた。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 この発言がメディアで報じられると韓国のネット上では、「手を洗わなかったから武漢肺炎にかかったのか」「中国には何も言わず、マスクまでして暮らしている(韓国)国民のせいにばかりしている」と不満の声が上がっている。また、野党も同日、中国新型ウイルスを巡る文在寅大統領の一連の対応を批判。自由韓国党の黄教安代表は「青瓦台は国民の安全においてコントロールタワー役になるべきなのに、どのような役割をしているのか国民は疑問を抱いている」と指摘。今回の事態が、4月に行われる総選挙で与党の支持率の悪材料になることが懸念される。