【スポンサーリンク】

韓国・文在寅大統領が輸出規制強化の撤回要求も、ネット上の声は…

 共同通信によると、韓国の文在寅大統領が8日、日本政府が今月1日から韓国向け半導体材料の輸出管理強化措置を取ったことについて、「日本側の措置撤回と両国間の誠意ある協議を求める」と述べたという。文大統領が輸出管理強化措置に対して言及したのは今回が初めて。ネット上では、「日本は協議に応じるべきではない」という声が大多数を占めた。

 

 日本国内では文大統領のこれまでの対応に不信感が募っている。「抽象的過ぎて、何をもって誠意ある協議なのか。韓国側のこれまでの不誠実な対応があり、『で、何をしてくれるんですか?』と日本側は問いたいところだ。未だに譲歩を期待してるなら協議はしない方がいい」、「今更撤回云々は遅すぎると思います。ここに至るまでには、アラームが出ていたはずで、見逃した大統領自身或いは、関係部署の方々の怠慢であろうと考えるのが筋。彼の国の責任者は、国内の人気取りに心を砕いている様に見えるのは私だけでしょうか」など非難のコメントが殺到している。 

f:id:imp0201:20190530185810j:plain

 文大統領のこの発言を受けて、日本政府が協議に応じる可能性は低いとみられる。韓国側がさらに態度を硬化させる可能性があるが、「安倍さんは、韓国のこの政権を見限った方がいいと思う、それでいいと思う。日本企業も相当痛いかもしれないが裏切りにあうから撤退してほしい」という主張も。日本の対応次第により、韓国国内で日本製品の不買運動や日本への旅行を控えるように呼び掛ける動きがさらにエスカレートすることも想定される。両国の緊張関係は出口が見えない状況だ。