【スポンサーリンク】

「天皇謝罪」発言の文国会議長 来日に「ある対応」を求める声が

 来月4日から東京で開催される主要20カ国・地域(G20)国会議長会議に出席する韓国の文喜相国会議長に対し、日本国内である対応を求める声が上がっている。

 

 文議長は2月、ブルームバーグ通信のインタビューで退位を控えていた明仁天皇について「戦争主犯の息子」と表現した上で、従軍慰安婦問題は天皇の謝罪の一言があれば解決すると発言。安倍首相が遺憾を表すなど大きな反響を呼んだ。文議長は慰安婦問題をめぐる天皇の謝罪に言及して以降、来月初めて日本を訪問する。

 

 産経新聞によると、文議長が山東昭子参院議長に個別の会談を要請したが、山東議長は文議長が「天皇発言」の撤回と謝罪をしない限り、個別の会談に応じない姿勢であること31日に報じた。

f:id:imp0201:20191031133443j:plain

 ネット上では、「撤回、謝罪がなければ、入国拒否で良いと思います」、「個別会談とかそういう問題でなく、謝罪がなければ入国拒否でいい。一線を越えた発言に日本政府は毅然とした対応をすべきだと思う」と文議長の対応によっては入国拒否の措置を求める声が。また、「謝罪しても両国の関係に変化は生まれないし、個別会談のメリットがない。無視してもいい気が…」という書き込みも見られた。文議長への風当たりは強い。