【スポンサーリンク】

韓国・文議長が都内で講演 ある発言に「日本を侮辱している」と怒りの声が

 来日している韓国の文喜相国会議長が2日、都内で講演を行い、「慰安婦問題」をめぐり2月に、ブルームバーグ通信のインタビューで退位を控えていた明仁天皇について「戦争主犯の息子」と表現した上で、従軍慰安婦問題は天皇の謝罪の一言があれば解決すると発言したことについて、「もう一度、私の発言により心が傷ついた方々に、改めておわびを申し上げたい」と謝罪した。

 

 文議長は来日前、山東昭子参院議長に個別の会談を要請したが、山東議長は「天皇発言」の撤回と謝罪をしない限り、個別の会談に応じないと拒否していた。今回の謝罪について、ネット上では批判の声が多い。「謝罪する気があるなら、会見を開くべき。講演会でそれらしいことを言っても、ただのつぶやきでしかない」、「間違っていたって言う言葉がないとダメですね。それに、公式で出さないと」など記者会見を開いて謝罪すべきという意見や、「韓国で国民の前で言うべきですね。あちらで、支持されるためにパフォーマンスした相手の前で言うべきでしょう。元々その人達に向けて放った言葉なのだから」という主張が。

f:id:imp0201:20191106073334j:plain

 また、「発言の撤回をしていないし、会見も開かずにこんな形で終わらそうとしている姿勢が日本を侮辱している」、「これでうやむやに終わっても日本国民は謝罪とみなさないし、日本政府は発言の撤回がない限り話し合いに応じてはいけないと思う」などの指摘も見られた。ネット上の声を見ると、この謝罪で「天皇謝罪要求」の一件が幕引きにはならないという認識が大多数だった。