【スポンサーリンク】

動画配信者が首都高歩いて渋滞発生 「車降りた驚きの理由」に批判殺到

 ライブ配信「ツイキャス」の配信者らが首都高速道路上で車両を緊急停止させ、渋滞を起こしたために批判の声が殺到している。

 

 配信動画によると、4人の配信者が乗った車が首都高を走っているところを、後部座席に乗っていた男性が配信していた。ところが、同日午後5時前、助手席に座っていた女性がシートベルトを突然外し、走行中にもかかわらずドアを開ける危険な行為に。運転手が「ゆーたん!危ないから!」と制止しますが、女性はそれを振り切り降車、そのまま高速道路上を歩いた。後部座席に乗っていた男性がそれを追いかけるため降車。車はハザードランプを点け緊急停車した。後部座席に乗っていたもう1人の男性は配信を続行した。

f:id:imp0201:20200613174447j:plain

 ツイッターには、同時刻にその場所を通った車のドライブレコーダーの映像が拡散され、そこには道路脇に停車した車と、暴れる女性を男性が抱きとめている様子が映されている。ネット上では「ツイッター見て怒りがわいた。しかも内輪の喧嘩でしょ?こいつらのせいで渋滞を引き起こして到着が大幅に遅れた。立派な犯罪だよ。処罰してほしい」、「何に怒ったから知らないけど、車降りて高速道路を歩くとか何考えているの?反省したから済む問題でないから。警察はこの4人を立件してほしい」、「これ、道交法違反にならないの?しかもこんなトラブルを起こしといて、車を降りた女の彼氏が助けにいかず動画の配信を続けるとか最低」など怒りの声が。一歩間違えれば、事故に巻き込まれる危険性もあっただけに断じて許されない行動だ。