【スポンサーリンク】

生後3ヶ月の乳児が自宅で放置死事件 逮捕の母親「ある供述」に驚きの声が

 生後3カ月の赤ちゃんが、自宅で放置され死亡した事件で、逮捕された母親の坂元愛容疑者(30)が、生活費を稼ぐために外出していたと供述していることをFNNプライムオンが報じた。

 

 坂元容疑者は東京・台東区の自宅マンションに、7月22日午後6時から翌23日午前10時ごろまで生後3カ月の赤ちゃんをおよそ16時間放置して、外出した疑い。坂元容疑者は、赤ちゃんと2人暮らしで、「生活費を稼ぐために外出していた」と供述しているという。

 

 ネット上では「生活費を稼ぐため、即ち仕事で外出だから長時間放置となった。遊んでた訳ではないとすれば同情の余地があるかもしれないが、何か方法は無かったのか」、「こういう方をメディアは実名で叩き過ぎる。ある意味イジメの様で気持ちが悪い。コロナ対策での政府の動きの悪さから こういう方がどんどん増えてくるし、身寄りの少ないシングルマザーで心細く大変だったと思う」などの声が。

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

 一方で、「生活のためとは言え、どんな状況であれ、16時間も乳児を放置すると言うのは理解できない。今回は死亡という最悪のパターンだけど、かなり高い確率で何かしらの事態に陥ることは容易に想像できる」、「一気に同情の嵐だな。16時間外に出て生活費を稼ぐって言い訳にしか過ぎない、少しでも家に帰る暇はあっただろうしあるように働かないといけない。16時間働きっぱなしの職場なんて子育てしてる母親がする仕事ではない」という意見も見られた。