【スポンサーリンク】

娘2人刺した母親逮捕 「衝撃的な犯行動機」に大きな反響が

 埼玉県吉川署は6日午前7時半ごろ、埼玉県松伏町松伏の自宅に住む4歳と3歳の女児2人の上半身を包丁で刺したとして、無職の母親(36)を殺人未遂で現行犯逮捕した。

 

 メディア報道によると、母親は夫(36)と長女、次女の4人暮らし。午前8時20分ごろに自宅を訪れた祖母(64)が血を流している2人の女児を発見。祖父を通じて110番した。長女は2階寝室の布団の上で倒れていて、次女は階段上にいた。母親は2階の別の洋間で返り血を浴びた状態で倒れ、近くに包丁が落ちていた。2人の女児は病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 

 母親が2人の娘を包丁で刺すというショッキングな事件で、犯行動機に大きな反響が集まっている。母親は警察の取り調べに対し、「生きていることが嫌になった。子どもが望んだ人生を歩ませてあげられない」などと供述したという。この発言に対してネット上では、「子どもが望んだ人生って何ですか?母親の問題を子どものせいにしているように感じますが、そこが育児ノイローゼなのかな」、「殺す気はなかったし、自身が死ぬ気もなかった。でも、SOSに気付いて欲しかったんでしょう。構ってちゃんと言われればそうだと思いますが、子供を傷付けることで子供と離れられる、それほどお母さんは追い詰められていたんでしょうね」などの意見が。

f:id:imp0201:20190907110705j:plain

 また、「『子どもが望んだ人生を歩ませてあげられない』って、どんな人生を送りたいかなんて、幼児が語るわけもない。そんなこと言ったら、障害児を産んだ母親はどうしたらいいんだ」、「3歳と4歳か…この子達は今後ちょっとした望みを口にするのも恐ろしくなったりしないだろうか。子供が望む人生を送らせてあげられない、は軽率な言葉ではないかと気になってしまう」な子供たちの今後を気に掛ける書き込みが目立った。