【スポンサーリンク】

17歳長男殺害容疑で逮捕された母親に、「罰したらかわいそう」の声が殺到

 17日午前10時15分ごろ、京都市左京区のマンションで、住人で支援学校高等部2年の金鍾光さん(17)がベッドで倒れているのを訪れた親族が見つけ、駆け付けた救急隊員が現場で死亡を確認した。京都府警は同居する母親の無職尹常任容疑者(52)が首を絞めて殺害したとして、殺人の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、2人は母子家庭で、事件が発覚すると、尹容疑者が首から血を流した状態で同区内の別のマンションにいるのを京都府警下鴨署員が発見した。尹容疑者は鍾光さんの介護に疲れた趣旨の供述しており、無理心中を図ったとみられるという。

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

 ネット上では「このお母さんの置かれた状況、自分に置き換えてみたら。情状酌量の余地がある、とはこういった事例の事を言うはず」、「こういう事件は保釈させてほしい!人を殺めるのはいけないことですがお母様も悩み悩んだ挙げ句の出来事だったと思います。まだ17歳の息子 お母様は50代で先行き不安だらけだったんでしょう。どうか軽罰でお願い申し上げます」など母親に同情的な声が。一方で、「擁護のコメントがあるけど、どんなに辛くても我が子を殺めるのは違うと思います。内容がわからないので、裁判できちんと内容が判明してからでないと擁護も肯定もしない」と異を唱える意見も見られた。