【スポンサーリンク】

母親が児童手当でディオールの宝石を購入し、動画コメント欄が炎上

 ショートムービーのアプリ「Tik Tok」で、2児の母親が児童手当で受給したお金を利用して宝石を購入した動画が非難のコメントで炎上している。

 

 美香ママが投稿した動画で、自転車で子供2人と共に阪急百貨店内に向かうと、人気ブランド「クリスチャンディオール」の店舗へ。「児童手当で買っちゃお」と宝石を購入した。児童手当を使う本来の趣旨に反した行為だが、「ディオールにしたわ、久々に。シャネルがよかったけど、シャネルはいいのがなかったから」と悪びれた様子はなく、「買うもんかったしそろそろ帰ろか。飯食って帰ろうぜ。高級飯」と話し、購入した宝石をつけた左手の写真をアップした。

 

 この動画はフェースブックなどで拡散されるなど大きな反響を呼んだ。動画のコメント欄も21日午後5時現在で300近い非難の書き込みで炎上。「子供を持つ側から言わせてもらいます。児童手当は子供のために支給されるお金で会って親が私利私欲のために使うお金じゃない。そんなに欲しいなら仕事して頑張ったご褒美に買うか欲しくても我慢すればいいと思う」、「こういう人に必要なお金が回っていくのは本当に腹立たしい。誰のためのお金だよ。児童手当って何の目的でどこの金から市は割れていると思ってるんですか?児童手当でお金が浮いたという考え方がそもそも間違ってます」など怒りの声が殺到した。

f:id:imp0201:20190621170057j:plain

 児童手当は中学生以下を対象に月1万5千円、または1万円が支給されている。児童手当法は、第一条で「父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とする」、第二条で「児童手当の支給を受けた者は、児童手当がこの目的を達成するために支給されるものである趣旨にかんがみ、これをその趣旨に従って用いなければならない」と定めている。児童手当で宝石を購入するという今回の動画で、非難のコメントが殺到するのは当然だろう。