【スポンサーリンク】

用水路に乳児投げ捨てて死亡させた母親逮捕で、「ある人物」に怒りの声が

 岡山市の用水路に乳児が浮いているのが見つかり、死亡した事件で、母親の女(35)が殺人の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、女は20日午後9時ごろ、同所の公園で女児を出産し、用水路に投げ込んで約3時間後に死亡させた疑い。用水路に乳児が浮いているのを通り掛かった女性(27)が見つけ、知り合いを通して110番通報。乳児は搬送先の病院で死亡が確認された。乳児は女の子で身長約50センチ、着衣はなく、生後間もないとみられる。母親には同居する内縁の夫がいて、妊娠の事実は告げていなかったという。

 

 ネット上では「次に産まれてくるときはママにたくさん抱きしめてもらってたくさんの愛情をもらえますように。悲しすぎて泣けます」、「冷たい用水路なんかに捨てないで。そのまま公園でも近くの病院でもいいから、命だけは奪わないであげてほしかった。命があれば、引き取られて温かい家庭で育ててもらえる可能性もあったのに」、「用水路に投げ込み殺害…どんな事情か知らないが善悪の判断もできないのか。物の感覚で投げ込める神経が理解できない。命を何だと…赤ちゃんのご冥福をお祈りします…」など悲しみや怒りの声が。

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

 また、「妊娠して出産したことに気付かない夫をいくら内縁でも夫と呼びたくない」、「誰が内縁の夫に告げずと証言したんだろう?気付かない訳ないだろ?DNA鑑定して本当の父親も同罪にして欲しい。母親を責めるコメントが多いが、そこまで追い込まれていた環境だったんだろ…夜中の公園で一人で出産し、用水路に遺棄する…普通は家族に喜ばれ病院でたくさんの人に囲まれ出産する。母親は『頑張ったな』と声をかけられ称賛される…もちろん殺していい訳ではない。ただ通常の状態ではなかった母親に声をかけて上げられる人がいなかったんだな…私は子供がいる父親だが、この事件で一番許せないのは内縁の夫だよ」など内縁の夫に対して批判的な意見も目立った。