【スポンサーリンク】

1歳の長男殴って逮捕 「母親の供述」に大きな反響が

 1歳の長男の顔を平手で殴る暴行を加えけがをさせたとして、松戸市に住む母親の女(30)が傷害の疑いで逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、女は16日に自宅2階の寝室で長男の顔を平手で殴る暴行を加え、けがをさせた疑い。長男は左耳の鼓膜が破裂していたほか、左の頬に全治2週間の皮下出血があったという。両親が翌17日に連れて行った松戸市内の病院から「虐待の疑いのある子どもが来ている」と警察に通報があり、事件が発覚した。女は、「泣き止まないで家事ができないことにイライラした」と供述しているという。

 

 ネット上では、「左耳の鼓膜が破裂していたほか、左の頬に全治2週間の皮下出血…かなり悪、ひどい。大好きなお母さんに甘えていただけかもしれない。怖かったし痛かっただろうな。うちも幼児がいるので、泣き止まなくて家事ができずイライラしてしまう状況や気持ちは痛いほどとてもよくわかります。でもお願いだから、小さな者を守るべき大人なのだから、どんなにイライラしていても、そういう行為は絶対にするべきではない。お母さんも大変だからそういうことやってしまうよね〜では済まされません。子どもになぜ暴力を向けられるのか、イライラしている気持ちは理解できるけど子どもに実際に手をあげるのは全く理解できません。これも負の連鎖としかいいようがない事案かもしれない」と批判する書き込みが見られたが、母親に同情的な見方が圧倒的に多い。 

f:id:imp0201:20200321081432j:plain

f:id:imp0201:20200321081432j:plain

 「やっちゃダメだってお母さんが一番良く分かって居ると思う…鼓膜破れてる!とかちょっとやりすぎな気もするけど、周りに助けを求められる人なら良いが、周りに助けてくれる人が居ない!常習じゃなかったら、逮捕して追い詰めるんじゃ無く助けてあげて欲しい」、「子育ては本当に孤独です。分かっていても自分の中に抑えきれない複雑な感情が爆発して子供にあたることもあるし、止めてほしいのに止めてくれる人がいないと、辛くてまた子供に手をあげてしまう。今はすっかり大人になった子供達ですが、私の中では忘れられない後悔と傷となって残っています。誰もけして責められない事。日常の虐待でなければ、名前など公表せず、温かい配慮をお願いしたかった」などの書き込みが。また、「やってはいけない事はお母さんが一番良くわかっているはず。それでもこうなってしまった背景を考えるべきだ。明日は我が身。いつ自分が手を出してしまうんじゃ無いかと思いながら育児しています」という訴えも見られた。