【スポンサーリンク】

世界一おいしいインスタントラーメンは「日本でなく韓国」に、中国人の反応は

 韓国メディアのザ・バリューニュースが「世界で最もおいしいラーメンは日本ではなく韓国」と題する記事を掲載して大きな反響を呼んでいる。

 

 記事によると、米紙ニューヨーク・タイムズのレビューサイト「ワイヤーカッター」が先月17日、「世界で最もおいしいインスタントラーメン」として11製品を選定。審査員の試食評価を基に順位をつけ、日本から6品、韓国から4品、シンガポールから1品が選ばれた。

 

 結果は1位が「辛ラーメンブラック(韓国)」、2位に「プリマ・テイスト ラクサラーメン(シンガポール)」、3位には「チャパグリ(韓国)」が選ばれた。4位以下は、「oh!Riccy PHO BO(日本)」「ラ王 旨み豚骨醤油味(日本)」「辛ラーメン 袋麺(韓国)」「Top Ramen(日本)」「辛ラーメン カップ(韓国)」「マルチャンラーメン クリーミーチキン味(日本)」「マルちゃんラーメン チキン味(日本)」「チキンラーメン(日本)」だった。

f:id:imp0201:20200706064417j:plain

 この結果に、韓国のネットユーザーからは「インスタントは韓国が一番おいしい」、「韓国の圧勝だね。辛ラーメンブラックのおいしさは断トツ」など称賛の声が。一方で、20代女性の中国人に聞くと、「ベスト10に日本から6品入ったのだから日本がナンバーワンなのでは。中国人の間での評価ならインスタントで断トツにおいしいのは日本」という意見が聞かれた。