【スポンサーリンク】

日本人女性が韓国で暴行被害 テレ朝コメンテーターの事件軽視発言?に批判殺到

 27日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、日本人女性が韓国・ソウルを訪問した際に韓国人の男性から髪を引っ張られるなど暴行を受けた事件の特集を行った。この際にコメンテーターでレギュラー出演している元共同通信記者・青木理氏、弁護士・菅野朋子氏が事件を軽視していると誤解されかねない発言をして、批判の声が殺到している。

 

 青木氏は今回の事件について、「例えばね、邦人保護の対象となるような大使館の、あるいはケガをしたとか亡くなったとか、行方不明になったとか(の事件)だったら僕ら特派員でも報じるんですけど、はっきり言えば今回のケース、僕がソウルの特派員で普段の時にいたら多分書かないですよ。つまり書かないようなニュースが大きく報じられて、今の時期だからある種、悪循環になっちゃっている」と私見を述べた、さらに、「これを基にして日本でもそうだけど、韓国でもそうだけど、一部のテレビなんかでコメンテーターが嫌韓を増幅するようなことを言うと、燃え広がって悪循環に入っている局面の一つ。本来ならばニュースにならないようなニュースがこういう形で大きく注目されるってことが今の日韓関係をさらに悪化させている原因になりうるんじゃないかと」と語った。

 

 この意見にコメンテーターで同局の玉川徹氏が、「ただこれは今の状況と無関係じゃないのは、ただ単にそのふらちな男がね、若い女の子をナンパしようとして失敗して暴行したじゃなくて、日本人に対してのいわゆる差別的な言葉を投げかけながらやっているわけじゃないですか。やっぱりそれは単なる暴行のニュースとは違いますよね。もちろん暴行なんてとんでもなくて、そんなの韓国人だろうと日本人だろうと何人だろうと暴行なんてダメなんですよでもそれだけじゃなくてやっぱり背景があるんじゃないかと。背景があるんだったら背景をちゃんと考えなきゃいけないなというのは僕は思うんですよ」と反論。青木氏は「さっきスタッフに聞いたら、(今回の事件は)韓国人が日本人あるいは在日の人なんかに良く使うような言葉を使ってバカにしたらしいんだけど、その差別語っていうのも別にその今の時期じゃなくても、日本人を呼ぶときには悪感情で必ず使うような言葉です」と主張した。

 

 また、青木氏の意見に同調していた菅野氏も「今回(の事件)は反日だという人も(暴行をふるった男を)批判している。一緒にしないでほしいと。反日の人でもそういうわけですよね。正直言ってこのくらい(の事件)というのは頻繁にある、そんなに珍しい話じゃないと私も思う」と発言した。

f:id:imp0201:20190827170218j:plain

 ネット上では青木氏、菅野氏の発言に批判のコメントが殺到している。「2人の発言を聞いてあ然とした。被害者がいるんだよ?この程度の事件は報道しないとか…。菅野氏も人権を扱う弁護士とは思えない。怖さを感じました。思想が違うという観点ではなく、なぜテレビ局がこの2人を起用しているのかちょっと理解に苦しみます」、「いやいや、おかしいでしょ。韓国、日本、反日、嫌韓とかそういう問題ではない。この暴行事件を『自分なら記事にしない』、『そんなに珍しい話じゃない』とか普通言う?頭おかしいんじゃないの?」などの書き込みが。「菅野氏の韓国を過剰に敵視するのはおかしいという考えは理解できるけど、今回の発言はないよ。自分が特派員なら書かないとか。ちょっと倫理観がズレていますよ。がっかりしました」と落胆や失望したという意見も少なくなかった。