【スポンサーリンク】

韓国に惨敗で森保監督解任危機…日本代表に、「ある男」の復帰待望論が 

 18日に韓国・釜山で行われたE-1選手権最終戦で日本代表は韓国に0-1と惨敗、スコア以上に差を感じる内容に、森保監督への風当たりは強い。その中で、ある男の代表復帰待望論が上がっている。

 

 攻守にちぐはぐで得点の予感すらしなかった。守備も相手に対するプレッシャーが弱く、セカンドボールもことごとく拾われて前半から韓国に圧倒された。韓国のスポーツニュース総合サイト・SPOTVニュースは「引き分けでも優勝することができた日本は韓国の相手にならなかった。結果は0-1だったが、試合を通して実力差が如実に表れた。Kリーグとアジアリーグ所属選手が中心の韓国代表を相手に、すべての面で劣勢だった。日本は技術だけではサッカーで結果を出すことはできないと、ひしひしと感じる準優勝だった。弱く、遅く、鈍かった」と森保ジャパンを酷評。日本国内でも批判の声が殺到した。

 

 Yahoo!ジャパンのコメント欄には、「韓国メディアにここまで言われて悲しい。寄せ集めになってしまったと言われてもしょうがないが大会で有る限りプライドをもって戦ってください。これではWC厳しいのでは」、「悔しいけどおっしゃる通りです。まるでプロとアマチュアのゲームだった。E-1優勝を目指していたかもしれないが、ある意味テスト的な要素もある舞台なのでもっとリスクを取って欲しかったし、スペクタクルなプレーを見せてほしかった」などの書き込みが。また、「監督が変わるだけでチームの雰囲気はガラリと変わる。現在はとても好ましくない方向に向かっていると感じる。今回の招集メンバーでもポテンシャルのある選手は多いと思うよ。けど起用法が謎すぎて選手たちの良さを引き出すことが出来てない。もちろん選手たちが悪くない訳ではないが各々良さを出せるように采配するのは監督の仕事ではないですか?」など森保監督の責任を求める声が多い。

f:id:imp0201:20191121070320j:plain

 また、「昨日の試合は全てにおいて韓国が上回っていたな。日本は攻撃が消極的というか、韓国の厳しいチェイスに対してボールをキープ出来ず後側へのパスが多く攻撃させて貰えない状態だったな。五輪では久保建英など海外組も招集出来ないとかなりキツい。1トップならFWも高さとファールがとれる大迫タイプが必要だな。世代に適役がいなければOAで大迫か、変な話、1トップなら本田圭佑でも良いかもと思った」という意見も。東京五輪に向けて、残された時間は決して多くない。チームを劇的にテコ入れしなければいけなければ、状況は改善しないだろう。オランダリーグ・フィテッセでプレーする本田圭佑は日本代表で東京五輪の出場を熱望しているが、その思いは叶うだろうか。