【スポンサーリンク】

なぜ?女性タレントが「今後の誹謗中傷は弁護士に相談」発表も、批判の声が殺到

 フジテレビの人気番組「あいのり」の元メンバーで、昨年9月から交際していた6歳下の一般男性と今月20日に再婚したブロガーでタレントの桃(35)が28日に自身のブログを更新。今後、自身に寄せられる誹謗中傷について弁護士に相談の上、法的措置を取ることを発表して大きな話題を読んでいる。

 

 桃は友人の作家・はあちゅう氏(34)が匿名掲示板で誹謗中傷の書き込みに対する開示請求が認められたと自身のブログで報告した件について言及し、「よかった…これで泣き寝入りしなくて済むんだ…本当に、誹謗中傷をした人たちに罰が下される世の中になったんだ…それを頑張って証明してくれたはあちゅう、ありがたすぎる…」と感謝の思いを綴った。その上で、「木村花さんのあの悲しすぎる出来事があってから、世の中の誹謗中傷が減るかなと思ってたんだけど、あの事件の後でも、平気でこのようなDMが送られて来たりしていました。本当に悲しくなります」と明かし、「お願い、この世から消えて」などと書かれた匿名の人物からのコメントを公開した。

 

 そして、はあちゅうにどのような書き込みが誹謗中傷として認められるかを確認したところ、「私は『死ね』とか、ハードな内容でしか対応してもらえないと思ってたけど、ばばあとか、顔でかいとかの割とライトな書き込みでも対象になりうることがわかって、すごく、すごく嬉しいです!!!!!!!!ってことは、私のアンチ掲示板の内容なんて、ほとんどの書き込みが、『酷い誹謗中傷等の明白な権利侵害がある』と認めてもらうことが出来るはずです」と続けた。桃のブログに対して誹謗中傷を含めた批判的なコメントは多い。「今までのことは目を瞑ります。ただ、今日からは誹謗中傷や、FOLLOW MEの内容をリークする人に対して、今後、はあちゅうの担当の優秀な弁護士さんにお願いしようと思っています」と警鐘を鳴らし、「これを読んでも誹謗中傷を続ける方は、法律の裁きが下る可能性を知ったうえで、ネット上での書き込みをしてください(いや、もう書き込みなんてしないでください)よろしくお願いします!!!」と訴えた。

f:id:imp0201:20200528104111j:plain

 人の尊厳を傷つけるような誹謗中傷の書き込みは絶対に許されない。ただ、この桃の主張に対して反発の声がネット上で殺到している。「自分たちは自由にブログで発言しているけれど、それに対する世間の意見は受け入れないということですよね。たしかに死ねとか、いなくなれとかは良くないと思うけど、顔でかいとか自分でもブログで言ってたと思うのですが…非日常的な記事ばっかり挙げられて、賛同を求められても…それが辛いならブログやめた方がいいと思う。否定的なことを意見したら、それはもう誹謗中傷なの?」、「ラブラブな写真をいつもアップするのは、誰かに見てほしくて、好意的な感想が欲しいからだよね。ただ残念ながら、基本的にこちらがドン引きするような写真が多いのは事実です。発信を自由にやっておきながら、否定的な感想はお断りというのはアンフェアと言わざるを得ません」などの苦言が目立った。