【スポンサーリンク】

安倍政権を痛烈批判した市長に、「小池さんでも言えない発言」と驚きの声が

 青森県むつ市の宮下宗一郎市長が13日、市の新型コロナウイルス感染症対策本部で、政府が今月22日から予定している「Go To キャンペーン」の観光割引に関し、「キャンペーンによって感染拡大に歯止めがかからなくなれば、これこそ政府による人災だ」と痛烈に批判した発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 コロナの感染拡大が広がっている中、観光業界の支援策として政府が掲げた「Go To トラベル」には世論でも反対意見が多い。メディア報道によると、宮下市長は「感染は、人がウイルスを運んで拡大する。リスクの高い地域から人が来ることを推進すれば、確実に(感染者が)発生する。今までの我慢が全部水泡に帰す」と危機感を露わにした。そして、「命があって健康であれば、経済を回す方法はいくらでもある。国や県がどういうキャンペーンをやろうが、むつ市は市民を守る責務がある」と語気を強めたという。

 

 宮下市長の発言にネット上では、「むつ市長の考えは当然だと思います。経済を活性化させる=コロナ感染を活性化させるになっている。何のために自粛してきたのか。少なくとも今度の4連休は関東圏から人が移動してくるのは防いでほしい」、「小池さんすら言わないことをズバリ言ってくれたと思います。政策と現状があっていないこと、菅官房長官の意味のわからない説明に首を傾げない人はいないともいます」など称賛の声が。

f:id:imp0201:20200607104612j:plain

 また、「なぜ、政府はこのキャンペーンにこだわるのか。もっと安心して旅行を楽しめるようになってからで良いやん。このキャンペーンを今する理由を教えて欲しいな。このキャンペーンする、出来る状態である、安全な状態であるという根拠を分かりやすく明確に説明して欲しいな。それまでに、突発的、思い付き的、場当たり的な施策ではなく、しっかりと構築すれば良いとGoToキャンペーンの実施対して批判的な見方が大半を占めた。