【スポンサーリンク】

宮迫博之がラジオで「闇営業」疑惑を謝罪も、ネット上の反応は…

 「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が11日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」に生出演。お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が14年12月に詐欺グループに関わる人物が代表を務める企業の忘年会に参加し、所属事務所の吉本興業を通さずに直接ギャラを受け取る「闇営業」を行ったとして契約を解消された件に言及。宮迫自身が入江の誘いを受けて、この忘年会に参加したことを含めて謝罪した。

 番組の冒頭で「お騒がせしておりまして、ただただ申し訳ない。リスナーの皆様、本当に申し訳ないと心からお詫びします」と謝罪。「入江とは長い付き合いで、あいつはめちゃくちゃアホなんですが、めちゃくちゃいいヤツなんです。純粋なヤツで、(相手に)そこをつけこまれたのかもしれませんが…。何よりも僕は最年長なので『そんな訳の分からないところには行けない』と断ればよかったのですが、サプライズで来てもらえたら盛り上がりますよと言われて。調子乗りなんですね。ついつい盛り上げようとして」と後悔をにじませた。また、「後輩には男気だと言われるんですが、嫁には『そんなの男気でも何でもない。お前はええかっこしいなだけや』としかられました」と明かした上で、「5年前のことで取り返しようがないですが、入江くんは会社を辞めたけど、個人の関係性は変わらないので、入江くんも含めて、あの場にいた芸人でこれからは、みなさんのお役に立てるように頑張っていきたい」と語った。

f:id:imp0201:20190612021858j:plain

 猛省の態度で謝罪の意を表したが、世間の目は厳しい。ネット上では、宮迫の弁明に納得がいかないという書き込みが多い。「全員が記憶が曖昧な部分あるって前置きして話してるけど、明確に話ししてるのが、話し合わせてる感じがする。内容が同じだし。ただ、結婚式ってのが怪しい口裏合わせな気がしますね。だって忘年会でしょ??集まる人が違いすぎる」、「おいおい。聞けば聞くほど分からない。売れる芸人が後輩の依頼で良く知らない忘年会に出席してネタやります? 入江の紹介で知り合ったのかもしれませんが、完全に事情は皆様ご存知で出席してますよね…」など疑念の声が。また、世族事務所の吉本興業が宮迫ら忘年会に参加したタレントに厳重注意の処分を下したことにも、「一人だけに責任押し付けて後は知らないふり 酷いですよ。解雇したならば それに関係する人も謹慎とかにするべき。ただの厳重注意って…」など不満の声が集まっている。失った信頼を取り戻すのは時間がかかりそうだ。