【スポンサーリンク】

宮迫が元芸人に注意していたことが発覚 「反省が全く継続していない」と非難の声が

 吉本興業の元芸人で自称・お笑いジャーナリストのインタビューマン山下が5日、フジテレビ系情報・ワイドショー番組「直撃LIVE グッディ!」に出演。雨上がり決死隊・宮迫博之から2日に電話があり、「予想でしゃべんなや」と注意されたことを明かした。


 山下はお笑いコンビ・ジャリズムを解散後、オモロー山下の芸名で活動していたが、現在はフリーでお笑いジャーナリスト、インタビュアーとして活動している。同番組に複数回出演していた山下に、宮迫から直接電話があり、「何『グッディ!』出とんねん」と第一声で言われたという。また「予想でしゃべんなや」と注意され、「予想でしゃべるぐらいなら、俺に聞いてこいや」と言われたことも明かした。


 山下が宮迫から聞いた情報によると、宮迫は7月30日に吉本興業側と会談。宮迫は弁護士を同伴せず1人で出席し、吉本興業側も弁護士は同席せず、藤原寛副社長を含めた役員3人が出席した。吉本興業は宮迫を契約解除し、その後の処分撤回を発表したが、芸能活動するための窓口になるという協力的な姿勢を示されたという。

f:id:imp0201:20190806080958j:plain

 ネット上では宮迫の山下に対する対応に批判的な声が多い。「お門違い。宮迫自身が中途半端な態度をとっているから憶測で話をする訳であって、それが嫌なら態度を改めるべきでしょ。後ろめたい事があるから公に出来ないとしか思えない。あの会見の中でもウソをついている可能性が出てきた」、「この人には理想の復帰の絵があるんでしょ。それを根拠のないコメントで乱されるのが嫌だから、こうやって慣らそうとしているように見える。反省が全く継続していない、それを伝えている記事なのかなと」などの指摘が。一方で、「宮迫を擁護するわけではないが、山下はひどい。コメンテーターとしての能力がなさすぎる。それは別の問題で考えるべきだとおもう。あれは宮迫以外の人間から突っ込まれるべき」という書き込みもみられた。