【スポンサーリンク】

宮迫、ロンブー亮が謝罪会見で世論が一変?「芸能界に戻ってきて」の声が

 反社会的勢力が主催した闇営業に参加して報酬を授受した問題で、吉本興業から契約解除されたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、同じく無期限謹慎処分となっているお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を開いた。


 憔悴しきった表情の宮迫は会見冒頭に、「今日こういった会見の場所をこの機会を与えて頂き、皆様にお集まりいただいたのは、何より詐欺の被害に遭われた被害者の方々、そのご家族、ご親族の方々にとんでもない不快な辛い思いをさせてしまったことをお詫びさせてください。本当に申し訳ありませんでした。そして世間の皆様、我々のことを応援してくださっている方々、とんでもない取り返しのつかないほど迷惑をかけてしまっている関係者の方々、そして不快な思いをさせてしまっているすべての皆様におわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。亮も「詐欺被害に遭われた方々、そして親族の方々、友人の方々、本当に不快な思いにさせてしまい。嫌な気持ちにさせてしまい本当に申し訳ございませんでした。僕の弱い部分のせいで、人としてのダメな部分でそのせいで虚偽の説明をしてしまい、その行動、言動によって不快な気持ち、不信感を抱かせてた方々、嫌な気持ちになった方々、本当に申し訳ありませんでした」と声を詰まらせた。

 

 宮迫は謹慎前に会見を開きたい意向を持っていたが、「吉本興業の岡本社長が『お前、テープ回してないやろなと。お前辞めて、1人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある』と言われました。何も言えなくなりました。それが(6月)24日です」と、吉本興業の岡本昭彦社長 側からの圧力があったことを明かした。

 また、7月8日に亮と共に岡本社長の元に再び出向いて、「僕が責任を取るので引退会見を開いてほしい」と嘆願したが、「引退させない。させるわけにはいかない。謝罪会見はさせてやる。その代わり、期間はこちらで。いつになるか明言できない」と言われたという。「僕らは1日も早くとお願いしました。でもこちらで決めると。僕は会社のためにもすぐやるべきですと言いました」と直談判したにもかかわらず、会見させてもらえないままだったという。吉本興業は19日に書面を通じ、宮迫との契約解除発表と共に会見を行う予定はないとしていたが、この日に宮迫と亮がそろって自身のツイッターで会見を開くことを発表した。

 

 これまではネット上で宮迫と亮への批判の書き込みで炎上していたが、会見後は一転した。視聴者からは「会見を見てるけど、吉本興業の対応があまりにも酷すぎると感じる。今回の騒動に関わった当人たちも罪はあるけど、所属会社も責任は重いはず。語っている内容が真実なら会社のイメージは最悪やね」、「なんか、よしもと興業が胡散臭すぎて、3周くらい回って宮迫や亮がかわいそうに感じてきた」と吉本興業の責任を問う声が殺到した。

f:id:imp0201:20190720174754j:plain

 宮迫や亮に対しても、「そんなに彼らが大きく叩かれるほどの事だったのだろうか…『闇営業』という悪意ある造語も含めて必要以上に叩かれた気がします。もちろん初動の段階でギャラの有無で嘘ついたのが致命的ですが、それでも現在の段階では犯罪を犯している訳ではない」、「個人的には、犯罪を犯したわけでもないのに、叩きすぎな感じはあります。薬物で捕まっても売れる売れないは別にして復帰する人はたくさんいるし、なんなら再犯を犯してもまだ居残る人もいる。確かに後の説明や処理が甘い部分は多々あるかもだけど…ここまでなるのもかわいそうな気もします」、「叩いた人たちも事実誤認の部分があるでしょう。頭を冷やして猛省した後に他の事務所で芸能界に戻ってきてほしい」と擁護の声が多かった。