【スポンサーリンク】

吉本興業から契約解除された宮迫、ロンブー亮 芸能事務所で争奪戦も

 反社会的勢力が主催した闇営業に参加して報酬を授受した問題で、吉本興業から契約解除された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、同じく無期限謹慎処分となっているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が、今後のマネジメント契約を巡り争奪戦になる可能性があるという。

 

 在京スポーツ紙の芸能担当は「もちろん今すぐというわけではありません。謹慎期間を置いてからの話ですが」前置きした上で、「宮迫さん、亮さんが会見を開いたことで風向きが完全に変わりました。謝罪会見を開きたかったが、吉本興業が許さなかったという告発で、世論も『2人が芸能界を引退する必要がないのでは』と同情的な見方が多いです。宮迫さん、亮さんに対して他の芸能事務所が実際に興味を示しています」と明かした。

 

 吉本興業内の先輩芸人たちも救いの手を差し伸べている。明石家さんま(63)が、20日夜に放送された大阪・MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、宮迫について言及。「仲間がフリーになるんやけど、僕ら、会社にもお世話になってるけど、芸人サイドの味方やから。いろんな立場(吉本側)も分からんでもない」とした上で、「どっかの事務所も狙ってるかもしれんけど、うち(個人事務所)も狙ってるねん」と自身の個人事務所に勧誘する意向を口にした。

 

 また、ダウンタウン・松本人志(55)もMCを務めるフジテレビ系の情報・ワイドショー番組「ワイドナショー」で宮迫、亮について緊急生放送で語った。松本は前夜に都内の吉本興業本社に出向き、「吉本興業の中に松本興業のようなものを作り、そこで『イエローカードの子』たちを俺が引き取る」と提案したことを明かし、経営陣に受け入れられたという。

f:id:imp0201:20190717235003j:plain

 2今後、吉本興業以外の他の芸能事務所からマネジメントを受ける可能性について、宮迫は「今は正直、これからのこと、この先のこと、想像もできないので考えていません」、亮も「僕も考えられないです」と20日の謝罪会見で話している。他の事務所に移籍か、吉本興業に復帰か、それとも芸能活動から一線を引くか。宮迫、亮の今後の決断が注目される。