【スポンサーリンク】

三浦春馬さん死去で、宮根アナの「ある発言」に怒りの声が

 宮根誠司キャスターが29日、司会を務めるフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」に生出演。30歳の若さで亡くなった俳優の三浦春馬さんを悼んだ。

 

 宮根氏は番組内で、「ドラマ収録中に自ら命を絶つというのは、よっぽどのことですよ。よっぽどのこと何ですけど、やっぱり我々には計り知れない人気俳優としての苦しみとか悩みがあったと思いますけど、誰かに相談して僕は生き続けてほしかった。悔しいなと思います。改めてお悔やみを申し上げます」と目を真っ赤にしてコメントした。

f:id:imp0201:20200720111821j:plain

 この発言にネット上では、「三浦春馬くんに対する宮根の『誰かに相談して生きて欲しかった』って発言、本当あり得なかったな、三浦春馬くんの人生の何一つ代わってあげられない赤の他人の宮根が言っていい言葉じゃないだろ、無神経すぎて本当この人には心がないんだなと思った」、「相談してほしかったというけど話して解決できるなら自殺しません。相談したくてもできない人がいる」など反発の声が。一方で、「辛い思いで話しているから責めるのは辞めようよ。春馬君もこういう形で宮根さんに批判の矛先が向けられたら悲しむよ」というコメントも見られた。