【スポンサーリンク】

ガンで闘病中の夫と「コロナ離婚」を示唆した「ある女性歌手」に、大きな反響が

 歌手のmisonoが、がん闘病中の夫でドラマーのNosukeとの離婚危機を迎えていることを明かし、大きな反響を呼んでいる。

 

 misonoは2日、自身のYouTubeチャンネルにNosukeが漫画に登場する料理を再現する動画をアップ。misonoが料理をするNosukeをダメ出ししながらも見守るという仲睦まじい様子の内容だったが、冒頭のテロップで「ずっと家にいるのですが 我が家も離婚の話がでております…この日も喧嘩してましたし(笑)ですが皆様、大変なので 自分たちも気持ちを切り替えてSTART!」と表示されていた。

 

 さらに、misonoは3日に更新した自身のインスタグラムでも、夫のチャレンジ動画に「松久保みかりん(Nosukeのスタッフ)からのアドバイス? リクエスト? 通りやってみてよかったです!」と言及した後に、「コロナ離婚しそうですが…」と繰り返した。

 

 misonoが「コロナ離婚」というフレーズを使ったことにネット上では、「コロナ離婚の意味が分からない。ワガママ同士が一緒にいる時間が増えて本性が出ただけでしょ?うちもそうだし、周りのご家庭でも夫婦揃って、なんで病人がPCR検査を受けさせて貰えない?未だにパチンコやっている依存症の連中は何だ?この国は飲食店の人達を見殺しにするのか?など、起きている問題を話し合っていますよ。配偶者に怒りをぶつけている暇なんかあるか?」、「コロナ離婚って、普通に流行りに乗っかっているだけでしょ?自宅で夫婦が一緒に居すぎて離婚だなんて、コロナのせいに、して欲しくない。コロナ感染者で、亡くなった人も現在、苦しんでいる人も医療従事者の方々も、命懸けで頑張っている現状を知っているの?」などの指摘が。

f:id:imp0201:20200503143438j:plain

 一方で「話題作りの一つでなのでは。昔から、misonoは、引退宣言しつついまだに引退はしてない。ただ、発言して話題を作っていただけ。今回も、YouTube上でのテロップみたいなので、登録数増やすためなのでは。今は、自粛中で仕事も限られて収入も減っているでしょうから、少しでも稼ぐためなのでは」と離婚はmisonoの真意ではないと推測する見方もあった。