【スポンサーリンク】

なぜ?精巣がん手術夫の闘病支えるmisonoのブログに批判の声が

 精巣がんによる胚細胞腫瘍で闘病中のロックバンド、HighsidEのドラマー、Nosuke(29)を支える妻の歌手・misono(34)が18日に更新したブログに、ネット上で批判の声が出ている。

 

 Nosukeが9日に約15時間の大手術を受けた後、面会したことを明かしたmisonoは、「『終わりました』『麻酔が切れたら少しだけ会えます』と、言われて… 集中治療室で会えたのは、夜中の1時くらいだったかと?!(長居してはいけないにしろ、きっともう少し居て良かったんだけど)Nosukeの『さらに変わり果てた姿』が、衝撃的すぎて… 1分くらいで、出ました。何も出来ないし、見てられなかったし…」と苦しい心境を綴った。

 

 また、「取ったモノを見たのですが… 寝不足、疲労、体調不良は、ピークだったし。精神的にも体力的にもスケジュール的にも金銭面も、全てにおいて限界だったし…『無理矢理、前向きにとらえてきたけど…もうポジティブになれなくても、仕方ないよね? もう笑わなくて良いよね?もう頑張らなくて良いよね?』『5/9までの我慢だ』と言い聞かせてきて『あともう少しだ』と思えたから、辛抱できていたのに? もうこれ以上は、耐えられません。と、なってしまいました…笑顔でいられたこの私が、絶句…『言葉を失う』とは、この事か。全てに向き合って来たこの私でも、現実逃避したい位…絶望的でしたが。でも、こうして『misoNosukeが発信することにより』、『皆様の力になれますように』と、アップさせていただきます…」と心が折れそうな状況を明かした上で、それでも前向きになろうという思いでブログを書いたことを明かした。

 

 最愛の夫を支えるmisonoの心労は想像を絶するものだろう。ただネット上では、「奥さんに金銭面が…ってこんなに言われたら嫌になっちゃうと思うけど…。正直な気持ちなんだろうけど、少し自分の中に留めとかないと…治療するの嫌になるよなぁ。もし私がNoskeの立場で妻にこんな事を言われていたら自分はこのまま死んだ方が周りが楽になるのかな?って思ってしまう」、「本人のわからないところで言うべき。大変なのはとってもわかります。でも、世間に発信するべきじゃない」とNosukeがこのブログを飛んだ時の心中を察して非難の声が少なくなかった。

f:id:imp0201:20190519224334j:plain

  一方で、「misonoさん、ブログで良くも悪くも色々書いて自分の気持ちを落ちつかせようとしてるんじゃないですか?頑張りすぎて、ようやく手術が終了してホッとしたのと同時にどうしようもない恐怖感に襲われたのではないですか?気持ちも追い込まれて、このような事を書いてしまったのでは?ノスケさんも、この内容見たら傷つくかもしれないけど、二人とも苦しんでるんだと思います。だから、二人とも負けないでほしい」とブログの内容に理解を示し、激励のメッセージも。Nosukeが1日も早く病魔に打ち勝って、元気な姿に戻ることを祈るばかりだ。