【スポンサーリンク】

コロナ疑惑を明かした「女性タレント」の発言に、ある疑問の声が

 タレントのミッツ・マングローブが、新型コロナウイルス感染を疑い、自宅待機していることを21日に公表し、大きな反響を呼んでいる。

 

 ミッツはレギュラーを務めるフジテレビ情報・ワイドショー番組「バイキング」を欠席。コメントによると、今月10日に体温が37度1分に上昇してから発熱が続き、13日にせきと味覚がなくなる症状が出たという。21日朝の時点で体温は36度9分で味覚は回復したが、せきと倦怠感が少しある状態といい、自宅待機しているという。

 

 10日にかかりつけの医師に電話で相談。その後診察は受けず毎日、状況を報告している。自身は「新型コロナの検査を受けるのが妥当」と判断したが、肺炎の症状もなく、体温もPCR検査の基準となる37度5分が4日間続く状態にないことから「未検査のまま今日に至ります」とした。

f:id:imp0201:20200422070123j:plain

 検査基準は満たさないが症状は酷似している。自らの症状を「コロナっぽい」「非公式」と表現し、「私のような状態のまま、普段通りの行動をしてしまっている人もたくさんいるのではないかと思った」と、公表した真意を説明した。日本の現在のシステムでは、PCR検査を受けられない人が多くミッツも発熱から11日経過しても受けられていない。医療崩壊を防ぐ観点から「定められた検査基準には従うべき」と私見を述べつつ、検査を受けられなうグレーゾーンの人が完治や復帰を判断する基準について「考えなければいけない」と問題提起した。

 

 ネット上ではミッツのコメントに大きな反響が。「いい事を提言してくれる。今の検査システムではこの軽症者の行動が左右する。陽性が陰性かで大きく変わるし、まずは少しでもそれらしい症状がでたら誰とも接触しないような社会が理想だ。そんなことできない会社もたくさんあるだろう。しかしもし社内に陽性者が出た場合のリスクを考えた時、世間への影響は計り知れない。このウィルスをなめているといつまで経っても収束しない」、「高熱が出ないまま治ってしまうケースのコロナもありますもんね。しかもかかり始めが一番感染力が強いというデータまで出てきている。ミッツさんの判断は模範になると思います」とミッツの言動と行動を称賛する声が多い。

 

 また、「そもそも37.5度って線引きが謎。例えば僕なんかは平熱が35度台(調子が良ければ34度台を叩き出す)な訳で、37.5度なんて結構な高熱なのでなかなか出るもんじゃない。逆に平熱が37度台の人も居るかもしれなくて、だとすれば只の平熱かもしれない。平熱より何度高ければ、という基準にすべき」、「どこから発熱37.5という数字が出てきたのか?他の症状があっても発熱が基準に達しなければ、検査受けれないのかが不思議です。これがお役所仕事というものです。その時その時の状況で検査をするべきです」とPCRを受けられる基準に疑問を呈する意見も多かった。