【スポンサーリンク】

名球界入り選手も 根尾、藤原、小園が生まれた年にドラフトで指名された選手たち

 昨年に高校野球で甲子園をわかせ、プロ入りした黄金ルーキーの中日・根尾昂、ロッテ・藤原恭大、広島・小園海斗の実戦、練習での一挙手一投足が連日報道されている。将来の球界を背負う逸材として期待される高卒ルーキーが生まれた年は00年。セ・リーグは巨人、パ・リーグはダイエー(現ソフトバンク)がリーグ優勝し、日本シリーズは巨人・長嶋茂雄監督(現巨人終身名誉監督)、ダイエー・王貞治監督(現ソフトバンク球団会長)との「ON対決」で注目を集め、巨人が4勝2敗で19度目の日本一を飾った。同年に行われたドラフト会議では巨人・阿部慎之助、横浜・内川聖一(現ソフトバンク)ら後に名球界入りした選手も入団している。プロ19年目の今年もプレーしている選手は阿部、内川、西武・中島裕之(現・宏之、巨人)、ヤクルト・畠山和洋、ダイエー・山崎勝己(現オリックス)の5人。オリックスの1位指名を拒否し、東京ガスを経て03年に自由獲得枠で入団した内海哲也(現西武)を含めると6人になる。チームのキーマンになるベテランの活躍に期待したい。

 

以下が00年のドラフト指名選手一覧。※は現役選手

 

巨人

※1位 阿部慎之助(中大) 

2位 上野裕平(立大)

3位 三浦貴(東洋大)

4位 根市寛貴(光星学院)

5位 川本大輔(広陵)

6位 山下浩宜(九共大八幡西)

7位 小野剛(武蔵大)

8位 李景一(敦賀気比)

 

中日

1位 中里篤史(春日部共栄)

2位 洗平竜也(東北福祉大)

3位 井本直樹(新日鉄名古屋)

4位 岡本真也(ヤマハ)

5位 土谷鉄平(津久見)

6位 山崎賢太(島根商科専門)

7位 仲沢忠厚(敦賀気比)

8位 辻田摂(PL学園卒)

 

横浜(現DeNA)   

※1位 内川聖一(大分工)

2位 吉見祐治(東北福祉大)

3位 後藤伸也(東北)

4位 東和政(宿毛)

5位 鈴木健之(藤代)

6位 西崎伸洋(糸島)

7位 稲嶺茂夫(東海大)

8位 竹下慎太郎(大分野球倶楽部)

9位 渡辺雅弘(東北)

 

ヤクルト

1位 平本学(立命館大)

2位 鎌田祐哉(早大)

3位 松谷秀幸(興南)

4位 坂元弥太郎(浦和学院)

※5位 畠山和洋(専大北上)

 

広島

1位 横松寿一(戸畑)

2位 広瀬純(法大)

3位 玉山健太(山梨学院大付)

4位 甲斐雅人(高鍋)

5位 田村彰啓(秋田商)

6位 石橋尚登(波佐見)

7位 岡上和典(東海大)

 

阪神

1位 藤田太陽(川崎製鉄千葉)

2位 伊達昌司(プリンスホテル)

3位 狩野恵輔(前橋工)

4位 赤星憲広(JR東日本)

5位 加藤隆行(長崎工)

6位 沖原佳典(NTT東日本)

7位 藤本敦士(デュプロ)

8位 梶原康司(九州東海大)

 

ダイエー(現ソフトバンク)

1位 山村路直(九州共立大)

2位 山田秋親(立命大)

3位 加藤暁彦(東北)

※4位 山崎勝己(報徳学園)

5位 荒金久雄(青学大)

6位 中村浩一(ローソン)

 

西武

1位 大沼幸二(プリンスホテル)

2位 三井浩二(新日鉄広畑)

3位 帆足和幸(九州三菱自動車)

4位 佐藤友亮(慶大)

※5位 中島裕之(伊丹北)

6位 野田浩輔(新日鉄君津)

7位 水田圭介(プリンスホテル)

8位 福井強(プリンスホテル)

 

日本ハム

1位 井場友和(富士重工)

2位 木元邦之(龍谷大)

3位 加藤竜人(NKK)

4位 中村隼人(本田技研)

5位 山地隆(関西)

6位 駒居鉄平(関西創価)

7位 田中聡(米国独立リーグ)

 

オリックス

※1位 内海哲也(敦賀気比)

2位 大久保勝信(松下電器)

3位 上村和裕(北照)

4位 相木崇(福岡大)

5位 開田博勝(三菱重工長崎)

6位 高見沢考史(東京ガス)

7位 北川智規(横浜国大)

8位 高橋浩司(志度)

9位 庄司大介(元河合楽器)

 

ロッテ

1位 田中良平(加賀)

2位 加藤康介(日大)

3位 長崎伸一(プリンスホテル)

4位 渡辺俊介(新日鉄君津)

5位 青野毅(樟南)

 

近鉄

1位 山本省吾(慶大)

2位 愛敬尚史(松下電器)

3位 近沢昌志(鳥羽)

4位 阿部真宏(法大)

5位 牧田明久(鯖江)

6位 金谷剛(中野実卒)

 

f:id:imp0201:20190113210355j:plain