【スポンサーリンク】

米国の元政府高官が語った日韓関係修復論に、「この発想は面白い」の声が

 米国のブッシュ政権で国家安全保障会議のアジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏が、3日夜に放送されたBS日テレの報道番組「深層NEWS」に生出演。関係が悪化した日韓関係の修復論について語ったインタビューが大きな反響を呼んでいる。

 

 マイケル・グリーン氏は韓国が日韓軍事情報保護包括協定(GSOMIA)の破棄を延期した決断について、「GSOMIAがなければ、アメリカの安全保障のダメージにもなるし、直接アメリカの国益に韓国がダメージを与えたと言うことに、米側が水面下ではかなり反発したと思います」と語った。さらに、日韓関係に対して、「韓国側、日本側、同じ民主主義国家としての価値観を持っている米国の同盟国として、アメリカの前方展開を応援する、中国の軍事拡大は反対するとか、同じ国益、同じ価値観で、これからどういうような北東アジアをこれからつくりたいという話にシフトすれば、中国は逆に、それに対して対応せざるを得なくなる。しかし歴史問題だと、韓国も中国も被害者ですから、一緒に日本を封じ込めましょうという話にすぐなってしまいますから。(日本は)冷静に国益を考えた上で、我慢して、少しずつ、韓国との将来を考えて外交をやれば一番。アメリカの国益にもなりますけど」と提言した。 

f:id:imp0201:20191204064619j:plain

 マイケル・グリーン氏のこの発言に、ネット上では「この発想は面白いし参考になりますね。なぜなら、日韓は当事者でどうしても視野も狭くなってしまうから。日本は世界的にどうみられているか、韓国にどうみられているかを考えれば、このマイケル・グリーン氏の考え方が一般的なのかもしれない」と評価する書き込みが。一方で、「我が国、日本の立場を理解してないね。米国の立場で答弁しても日本国は悩みの一歩から抜け出せないし過去に滑り落ちるのが分かる。日本は1965年日韓条約に進むしか手のうち用がないのだね」、「我慢して、少しずつ、韓国との将来を考えて外交をやれとは。散々我慢した結果、いつも足元を見られ、日本はダダをこねればすぐ折れるというイメージを作り上げてしまった。これ以上我慢してはならない」など反論の声も少なくなかった。