【スポンサーリンク】

中日・松坂が謝罪も逆風収まらず 「契約解除」を求める怒りの声も

 中日・松坂大輔投手(38)が練習日にゴルフをしていたことが報道され、球団からペナルティーを科せられた問題について17日、ナゴヤ球場で報道陣に対応。球団、首脳陣、チームメート、ファンに謝罪の意を口にしたが、逆風は収まらない。ネット上では、「今回の一件は過去に成績が出なくてバッシングを受けたのとは違う。明らかに野球、拾ってもらった中日球団に対する背信行為。こんなことでと思うかもしれないけど、契約解除してもいいぐらいでしょう。松坂を投げさせるなら他の若手を登板させてほしい」とネット上で批判の声が殺到している状況だ。

 

 今までもバッシングを受けたことは何度もあった。特にメジャーから戻ってきてソフトバンクに在籍した3年間は人間不信になってもおかしくないほどの叩かれようだった。度重なる右肩痛に苦しみ、1軍での登板は1試合のみに終わった。3年12億円と報じられた高額契約も期待に応えられず、「給料泥棒」、「お金を自分から球団に返すべき」など批判が止まらなかった。

 

 非難が称賛に変わったのは、中日にテスト入団した昨年だった。4月30日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で日本では4241日ぶりの白星を挙げるなど6勝を挙げてカムバック賞を受賞。「松坂の頑張りに勇気をもらった」など感動の声が多く、松坂の登板試合はホーム、ビジター関係なく多くの観客が集まる人気ぶりだった。

 

 今年は先発ローテーションで1年間稼働し、完全復活を目指す年になるはずだったが、2月の春季キャンプ中にファンに体を引っ張られた際、古傷の右肩に違和感を抱いて戦線離脱。「ファンに引っ張られたぐらいでそんなおかしくなる?」と疑問を呈する声もあったが、「引っ張られるなんて予測していないし、松坂がかわいそう」と擁護の意見が多かった。

 

 ところが、今回の一件で多くのファンの信頼を失う結果になった。選手は練習日にも関わらず、リハビリ先の関東でゴルフをしていたことが発覚。「(最初に報じた)フライデーが偶然この日を目撃したのかもしれないが、普通は情報があって取材をするはず。つまり、何か事件を起こしたわけでもないのにスクープされるということは、今回が初めてではなく過去にも練習をサボってゴルフをしていた。こう疑われても仕方がない」、「謝罪だけで済むんですかね?戦力外になった貴方を拾ったのは他ならぬ中日ですよ。そんな中日に対して貴方は恩を仇で返して裏切ったんですよ。活躍しなくてもグッズ等が売れるから自分の年俸分の元は取っているから活躍をしなくても良いだろうとでも思っているのでは?だとしたら今すぐにでも引退をしろ!」と批判や怒りの声がSNS上で9割以上を占めた。

f:id:imp0201:20190518112828j:plain

 中日は現在借金4の5位と苦しい戦いが続いている。まだ1、2軍でも今季登板がない松坂の復帰が待たれていたが、自ら隙を見せた行動で窮地に立たされた。再び信頼を回復するために、自らを律して野球で結果を残し続けるしかない。