【スポンサーリンク】

松本人志が100万円無利子貸し付けで、「ある後輩芸人」に批判の声が

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生活苦となっている芸人の救済へ、ダウンタウン・松本人志が1人上限100万円を無利子で貸し付けるプランがスポニチで報じられ、大きな反響を呼んでいる。

 

 同紙の報道によると、後輩芸人らにポケットマネーで1人上限100万円を無利子無担保で貸し付けるプランで返済期間は5年間という。吉本興業では3月から全劇場を休館。若手芸人たちが経済的に苦しい状況に追い込まれたため、松本が立ち上がった。吉本には6000人の芸人が所属しており、松本と面識のある後輩を考えると、貸し付けが1000人ほどまで広がる可能性もある。総額10億円に上る大盤振る舞いの救済策にネット上では大きな反響が。

 

 「まっちゃん、凄くいい事や。多くの芸人さんは儲けても銀座や新地などで豪遊する方もいるが、お金も使わなければ、沢山貯蓄もあるでしょう。でも、なかなか、ここまでは出来ないよ。こんな時に助けてもらった人は一生感謝するでしょう。いいニュースを見ると元気が出ます」、「参ったね。凄いわ。この人は本当のお金の使い方を知ってはると思う。驚きやわ。条件は『面白いやつ』というのもいいね。この投資は必ず何倍も生きて返ってくるはず。拍手やわ」など絶賛するコメントが多い。

f:id:imp0201:20200504144633j:plain

 また、ラジオでの女性蔑視発言で批判を浴びたナインティナイン・岡村隆史と比較する意見も。「コロナで生活が苦しくなった若くて美しい女性が風俗に勤めるのを期待する岡村。仕事がない若手芸人の将来を案じて私財を投げ打つ覚悟の松本。こういう緊急時にこそ人間性が浮き彫りになるのは興味深い」、「蒸し返すようで申し訳ないけど、岡村隆史とは人間力が違うね。有事に人の本質が出る。芸人としても1人の人間としても、岡村は松本のこの動きで色々感じなければいけないと思う」という指摘が見られた。