【スポンサーリンク】

松本人志、東野幸治が吉本興業への苦言に「ジャニーズと違う」と評価の声も

 反社会的勢力と闇営業の問題で吉本興業を契約解除された「雨上がり決死隊」の宮迫博之、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が20日に謝罪会見を開いたことを受け、吉本興業の先輩だった松本人志、東野幸治がレギュラー出演するフジテレビ系情報番組「ワイドナショー」の21日番組が異例の緊急生放送に差し替えられた。

 

 宮迫と亮の謝罪会見を厳しい表情で見守った松本は、宮迫ら闇営業していた芸人たちに金銭の授受があったと会社側から説明を受けた時、「静観します」と伝えられた話を明かし、「その時に『だったら俺、吉本におれないかもしれないわ』と言ったの。『吉本興業にはいたくないかも』って言いました。考えさしてください。こんな会社じゃだめやと思うから」と衝撃の事実を打ち明けた。

 

 「僕の知らなかった事実がやっぱりあまりにも多すぎて。これは俺もだまされていたというような気になって。このままじゃ吉本は絶対良くない。でも会見を見たからといって、急に手のひらを反すように宮迫と亮のやったことを、悪から善にとは僕は思っていない」とした上で、「発端は彼らかもしれないけれども、ここまで追い込んだ、信頼関係がなくなってしまった会社は絶対に良くないし、吉本興業がこのままじゃ壊れていく、つぶれていくと危機感を持った」、「時代を読み間違えた会社なのかなと思った」と痛烈に批判した。

 

 松本の話を神妙な表情で聞いていた東野も感情を抑えきれなかった。「吉本側の反論もまだ聞いていないのでなんとも言えないが、あんなにおごり高ぶった言い方で。いつからそんなに(吉本は)偉そうになったのか」と苦言を呈し、「無期限謹慎のスリムクラブとか2700とか、他の芸人とかつらいと思うし。もし会見をしたいというなら、(会見を)させてあげてほしいし、あと、どういう状況か分からないと思うので、吉本の社員も電話であったり、メールとか、人事に行ったりしてほしいなと思うし」と涙声に。「吉本興業の横柄な態度、もしも気になったりする方がいらっしゃったらスタッフの皆さんとか、他の所属のタレントのみなさんとか、一般の方でもいいんですけど、言っていただけたら、僕とか松本(人志)さんとか。今田(耕司)さんとか、浜田(雅功)さんとか(明石家)さんまさんに言ってもらったら、上の方に話しやすいので、言っていただきたいなとは思います」と心境を語った。

 

 ネット上では、「感動しました。松本さん、東野さんも会社を批判するのは勇気が要ることだし、なかなかできないと思います。東野さんが泣いたのには驚きました。会社を好きだからこそ、芸人の仲間たちが好きだからこそ、感情が溢れたのだと思います」、「見ごたえあったし、言うことは言ってた。そんな中でも笑いもあった。生放送でもさすがの展開だったと思う」など称賛の声が多かった。

f:id:imp0201:20190721172830j:plain

 また、違う角度の意見も。「ジャニーズと違って、会社にモノを言える先輩がいるのは良いことだと思う。さんまさん、ダウンタウン、今田さん、東野さん。会社は色々問題を抱えているけど、吉本興業は変わるチャンスはあると思う」、「まっちゃんが『吉本をどこかで殿様商売になっていた』と傲慢だったことを指摘し、東野が『吉本に横柄な態度があったら言ってください』と謙虚だった。こういう空気はジャニーズにはないと思う。香取、草薙、稲垣がジャニーズを退所する時も先輩メンバーは誰もコメントできないし、テレビ局もタブーだから触れない。3人に圧力をかけたと公取委が注意した時もそう。隠蔽体質でみんなが忖度しすぎ」とジャニーズ事務所との体質の違いを指摘する分析もあった。