【スポンサーリンク】

政府の一律10万円給付で「ある女優」の発言に、怒りの声が殺到

 故松田優作さんの妻で女優の松田美由紀が16日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス対策として、政府が国民1人当たり10万円の現金を一律給付するため、20年度補正予算案を組み替える方向で検討するという報道に言及した。

 

 松田は「なんで、一律10万、、この時期、物凄くお金持ちになってる人もいるかもなのに?」と、所得に関係なく一律10万円を給付することに疑問。さらに「マスクとか一律10万とか、、もう、ちゃんと考えてよ」とマスク配布へも言及し、政府の対策を批判した。

f:id:imp0201:20200409162454j:plain

 このツイートにネット上では、「そうやって仕分けしたらきりがない。そういう人は確定申告などで分かるでしょ。それか善意のある人は寄付すればいい。いちゃもんつけるな」、「本当に助けが必要な人に早くお金が回るようにするよりも、必要ない人が得をすることが許せないという感覚は大問題。みんなで等しく不幸にならないと気が済まないのかな。必要な人にとってはスピードが命だから、結果のアンバランスには目をつぶらないと」など怒りや批判的な意見が殺到。また、「では、なにをどうすれば良いか、具体的言ってください。その上で批判して下さい。批判だけなら誰でも出来ます。私はこの10万円で助かります」という訴えも見られた。