【スポンサーリンク】

三浦春馬さん遺作ドラマで共演した松岡茉優の「ある発言」に、驚きの声が

 女優の松岡茉優(25)が2日にパーソナリティーを務めるTBSラジオ「松岡茉優 マチネのまえに」に出演。9月15日スタートのTBS連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」で初共演していた俳優の三浦春馬さん(享年30)を悼んだ。

 

 松岡が主演を務める同ドラマの撮影は6月中旬から行われていたが、先月18日に三浦さんが急逝。三浦さんは松岡の相手役としての出演が発表されたばかりだった。松岡は番組冒頭で「もう2週間とちょっと経ちますが、とても悲しいことがありました」と三浦さんの死去に言及。三浦さんの代役を立てずに放送されることが決まった同ドラマについて、「1カ月と少し、相手役としてお芝居を受けていた身として、本当に素晴らしいあのお芝居を見てほしいと思いました」と呼びかけた。

 

 そして、「これ以上、皆さまを悲しませたり、辛くさせるのは避けたいです。私たちはこの物語を全力でつくっておりますが、もし受け取れないかもしれない、辛くて見られないかもしれないという方は、どうかご無理なさらないでください」と優しい口調でファンに語りかけた。

 

 「楽しみにしてもらいたいという気持ちは変わっていません。精進してまいりますので、温かく見守ってくださったらこれ以上のことはないです」と来月に放送予定の番組について心境を語り、最後は「頑張ります」と誓った。

 

 ネット上では、「ちょうどラジオを聞いていますが、一番直近で共演してて、ショックはものすごいと思うのに、あえて言及した上で、『無理して見なくていい』って言えるのは本当にすごい事だと思いました」、「無理しなくて見なくていいという言葉に驚きました、主演の松岡さんは特別な思いでこのドラマに臨んでいたはず。それなのにこういった形になって…春馬君のファンに配慮した発言に感動しました」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200527064508j:plain

 また、「笑顔の裏でどれ程の苦悩と戦っていたのだろう。ドラマは涙なしには見られないだろうけど、楽しみにしています。一生懸命戦った春馬さんの演技、しっかりと目に焼き付けたい」、「松岡さんご本人もとても辛いはずなのにこういった発言ができるのはすごいと思います。三浦さんと最後に共演したのが松岡さんでよかったと思っています。ドラマ楽しみにしています」と番組の放送を心待ちにする書き込みも多かった。