【スポンサーリンク】

志村けんさん訃報の日に飲み歩いた「あるタレント」に、怒りの声が殺到

 新型コロナウイルスによる肺炎で、志村けんさん(享年70歳)が3月29日に亡くなって1週間が経つが悲しみが癒えることはない。感染は収束することなく拡大し、芸能界では3月31日には、脚本家で俳優の宮藤官九郎の感染、4月4日にはお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこの感染も判明した。

 

 政府や自治体が不要不急の外出を呼び掛ける中、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が仲間を引き連れて、渋谷の街で居酒屋からバーへと午前4時までハシゴする様子を週刊誌・フライデーが報じて大きな反響を呼んでいる。この日は3月30日で、志村けんさんの訃報が流れた日だった。小池百合子都知事が緊急会見で夜の繁華街への自粛を呼びかけたがその直後に、仕事先のNHKを出て夜の街へ遊びに出かけたことになる。

f:id:imp0201:20200407111958j:plain

 ネット上では、「又吉さん、ショックだわ。志村けんさん訃報の当日に飲み歩く気持ちが理解できない。又吉さんは大悟さんとも仲良しだし、その縁で一緒に志村けんさんと飲みに行っていたって聞いたことあるけど…しかも志村けんさんと二人でロケしていましたよね。それなのに何とも思わないのかな。もしかしたら、何か理由があって飲み会していたのなら又吉さんのコメントが聞きたいです」、「自粛せずに飲み歩いている芸能人を見て、こういう非常事態の時に人間性が出るなって思った。クドカンや又吉は好感度がガタ落ちだね。しっかり自分や大切な人を感染から守ろうとする人は芸能人に関わらず、しっかり自粛している」など軽率な行動をとった又吉に批判の声が。一方で、「こういうことを報じるよりちゃんと自粛生活をしている人やこの事態に社会貢献している人を取り上げて欲しいよ。余計に世の中がギスギスする」と訴える意見も見られた。