【スポンサーリンク】

なぜ?丸山穂高議員の「和田アキ子批判」に賛同の声も

 北方領土で「戦争で島を取り返す」という趣旨の発言をして、日本維新の会を除名された衆議院議員の丸山穂高議員がツイッターで、歌手の和田アキ子を「紅白すら出てないようですが」などとつぶやいた。


 丸山議員は6月29日にツイッターを更新。和田がパーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」に出演した際に、「丸山さんって私は変わった人だなあって」とした上で、「勉強もされて私より賢い人なんでしょうけれど、あまりにもレベルが低すぎて。いろんな嫌なことがありますけど、私はこの人が出るとあんまり画面見ない。チャンネル変えますね」と不快感を示したとされる記事を添付した。そして、和田に反論する形で、「偶然の一致というか私も見ていて和田さん出たらチャンネル変えてますね。一緒で光栄です。というか最近はほぼテレビで姿見ないし、紅白すら出てないようですが」などと皮肉をこめた言葉でつづった。

 丸山議員は5月11日にビザ無し訪問団で訪れた北方領土の国後島で「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと元島民の団長に発言。さらに、泥酔して下品な言葉を大声で連呼し、禁止されている宿泊施設からの外出を主張して他の参加者ともみ合いになったことなどが週刊誌で報じられた。一連の行動で日本維新の会を除名され、国民からも「議員辞職するべき」と糾弾される状況に。5月24日から「適応障害」で2カ月の休養を発表したが、6月25日に国会に現れて議員辞職しない意向を表明した。

 

 驚くことに、丸山議員のこのツイートを擁護するリプライが見られる。「和田アキ子さんがどの様な観点からこの発言に至ったか理解に苦しみますが、この様な雑音は放置し、丸山議員は堂々と国政のど真ん中歩んで下さい。 日本を憂い考えタブーにも踏み込める我が国期待の星です」、「気が合いますね。 私も和田アキ子が出演する番組は見ません。 テレビ画面に和田アキ子が出てきたらすぐにチャンネルを変えます。 丸山議員、頑張ってください。 応援しています」、「このオブラートに包む事すらしてないド直球発言凄い好き」など支持する書き込みが。

f:id:imp0201:20190701203639j:plain

 もちろん、批判的な意見の方が多い。「こんな丸山を支持したり擁護したりする人がいる事にビックリです。 皆さんの税金でこの酔っ払いに300万円以上のボーナスが支給されているんですよ。 領土問題はたしかに厳しい現実にある、だからといって自分が不利な時は逃げ隠れして戦争を煽る議員など絶対に認めない」、「これ本当に本人のツイート? もし本当ならこんな事してると完全に政治生命終わっちゃいますよ!後援会やスタッフは何してるの? もう見放したんかな。人間間違いはありますが、繰り返しはダメです。本当に残念です」など怒りや落胆の声が。丸山議員は感情的になって書き込んだかもしれないが、自身の取った言動や行動を振り返れば自制するべきだっただろう。