【スポンサーリンク】

矢口真里がインスタ、ブログで結婚式の写真を公開もSNS上の反応は…  

 元「モーニング娘。」でタレントの矢口真里(36)が、自身のInstagramやブログで第1子の妊娠を報告すると共に、沖縄で結婚式を挙げたことも発表。昨年3月に再婚した元モデルの男性とツーショット写真を3日に公開したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 ツーショット写真は浜辺とみられるところでウエディングドレス姿の矢口がタキシードに身を包んだ男性と満面の笑みで映っている写真と、沖縄の晴れ渡った青空をバックに、矢口が男性と腕を組んで幸せそうな表情を浮かべた写真の計2枚。男性の顔は非公開で、「お天気にも恵まれ暖かい日差しの下で、温かい親族や友人に囲まれ、とても幸せな式となりました。」と綴った。

 

 おめでたい話だが、矢口は11年に俳優の中村昌也と結婚した後に自身の不倫が発覚して13年に離婚。全てのレギュラー番組を降板した経緯がある。SNS上では「身内だけで、お祝いして欲しいです元旦那さんや、傷付いた人達の事を考えたらSNS で発信しないと思う。どこまでも、無神経な人達ですね」、「自分が良ければそれでいいってか!?気持ちは分かるが…、子供の為にももう少し大人にならないと!」、「勝手にこっそり結婚式やるのはいいけど、SNSに出したらダメでしょう。やはり世間からは完全には祝福されない結婚、という認識がないのね…」と中村の気持ちを慮り、ツーショット写真は公開するべきでなかったと苦言を呈する意見が多い。

 

 批判の矛先は矢口の結婚式に出席した元「モーニング娘。」でタレントの保田圭(38)にも向けられた。矢口夫妻とイタリア料理研究家の夫・小崎陽一氏、1歳の長男と撮影した記念写真を自身のInstagramで公開すると、「保田さんも矢口さんの写真を公開するべきではないと思います。この写真を出すことで世間の反応がどうなのかを察した方がいい」と指摘する声が。矢口や保田のInstagramにはファンから「おめでとう」と祝福のメッセージが多い。今回の写真公開の是非はともかく、SNSの使い方でタレントのイメージが変わる可能性があるので、細心の注意を払った方がよさそうだ。   

f:id:imp0201:20190404162157j:plain

写真はイメージ画像です