【スポンサーリンク】

横浜国大の運動系サークルでクラスター報道に、「ある疑問」の声が

 新型コロナウイルス感染症を巡り、横浜市は22日、10歳未満から70代までの男女33人の感染が新たに確認されたことを発表した。1日当たりの市内感染確認者数としては緊急事態宣言解除後で最多だという。

 

 市によると、横浜国立大学の運動系サークルに所属する10~20代の学生4人が感染。学生らは15日に会食していた。参加した同じサークルに所属する20代の男子学生の感染が既に確認されているほか、この学生と16日に会食したサークルには所属していない20代の女子学生の陽性も判明している。市は計6人が感染したことから、サークルでクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 各メディアで報じられているが、ネット上では「サークルが悪いんじゃなくて、飲み会をやってて集団感染したってことでしょ。同じ横浜国大でも、細心の注意を払って真面目に部活やサークルやってる学生も当然いると思うよ」という指摘や、「横国は学校側に届出を出して許可された団体(部活)以外は活動禁止です。会食も禁止されていました。なのでこのサークルや個人に問題があるのに大学名ばっかり悪く言わないで下さい。真面目に感染対策をしている私達もクラスター大学だって言われるのつらいです。」と同大の学生から切実な訴えも見られた。